入札・ビジネス・産業

【小林市】営業時間短縮要請協力金を交付します。

チラシ_1チラシ_2

 チラシ (PDFファイル/235.73キロバイト)

 

1 目的

 県内において、感染拡大の端緒がみられることから、県内全域を対象地域として飲食店等に対する営業時間短縮要請を行うことにより、感染拡大防止の徹底を図るものである。

 

2 対象地域

 県内全市町村

 

3 対象施設

 食品衛生法の許可を受け、ガイドラインを遵守している飲食店等

 ※お持ち帰り(テイクアウト)や宅配(デリバリー)の専門店並びにイートインスペースを有するスーパーやコンビニ等の小売店を除く。

具体例

 ・午後8時以降営業しているキャバレー、バー、ナイトクラブ、スナック、居酒屋 等

 ・午後8時以降営業している一般的な飲食店(レストラン、ラーメン店等)やカラオケボックス 等

 ※普段から午後8時以降も営業している店舗に限ります。

 

4 要請内容

 酒類の提供は午前11時から午後7時までとし、午後8時から翌日午前5時までの間の営業を行わない。

 

5 要請期間

当初分   令和3年8月14日(土曜)から令和3年8月24日(火曜)

      ※令和3年8月14日(土曜)午後8時から令和3年8月25日(水曜)午前5時まで

 

延長分   令和3年8月25日(水曜)から令和3年8月31日(火曜)

      ※令和3年8月25日(土曜)午後8時から令和3年9月1日(水曜)午前5時まで

 

再延長分  令和3年9月1日(水曜)から令和3年9月12日(日曜)

      ※令和3年9月1日(水曜)午後8時から令和3年9月13日(月曜)午前5時まで

 

再々延長分 令和3年9月13日(月曜)から令和3年9月30日(木曜)

      ※令和3年9月13日(月曜)午後8時から令和3年10月1日(金曜)午前5時まで 

 

6 協力金

 各期間を通して営業時間短縮を行った店舗に対して、協力金を交付します。

 ※令和3年8月14日(土曜)又は15日(日曜)から協力した場合は、その分協力金を加算します。

  

(例)

当初分

  1. 8月14日午後8時~8月25日午前5時まで営業時間短縮を行った場合=11日分
  2. 8月15日午後8時~8月25日午前5時まで営業時間短縮を行った場合=10日分
  3. 8月16日午後8時~8月25日午前5時まで営業時間短縮を行った場合=9日分

 

延長分

  1. 8月25日午後8時~9月1日午前5時まで営業時間短縮を行った場合=7日分

 

再延長分

  1. 9月1日午後8時~9月13日午前5時まで営業時間短縮を行った場合=12日分

 

再々延長分

  1. 9月13日午後8時~10月1日午前5時まで営業時間短縮を行った場合=18日分

 

※感染状況により、要請期間が短縮された場合は、短縮された日数に応じて減額となります。

協力金の金額算定について

 国の交付金(協力要請推進枠)のスキームに基づき、売上規模別に店舗単位で交付します。

 ア 中小企業(小規模事業者、個人を含む。以下同じ)

    【算定式】=一日当たりの売上高(※)×0.3

 (※)前年度又は前々年度の時短要請月と同じ月の売上高÷当該月の日数(不明の場合は、年間の売上高÷365)
 ただし、1日当たりの売上高が83,333円未満の場合は2.5万円(下限)、25万円以上の場合は、7.5万円(上限)とする。

 

 イ 大企業及び売上高減少が著しい中小企業者(※)

    【算定式】=店舗の一日当たりの飲食部門の売上高減少額×0.4

 (※)1日当たり売上高25万円以上の中小企業のうち希望する者
 ただし、20万円又は1日あたりの売上高×0.3のいずれか低い額を上限額とする。
 

7 受付期間

令和3年9月1日(水曜)~令和3年10月29日(金曜)

※再延長分(令和3年9月1日(水曜)から令和3年9月12日(日曜))の申請については、令和3年9月13日(月曜)から

※再々延長分(令和3年9月13日(月曜)から令和3年9月30日(木曜))の申請については、令和3年10月1日(金曜)から

 

8 申請に必要な書類

1 交付申請書兼誓約書 交付申請書兼誓約書 (PDFファイル/68.93キロバイト)交付申請書兼誓約書 (Word2007ファイル/15.98キロバイト)

2 個人事業主の場合 令和2年分の確定申告書の写し又は住民税申告書の写し(新規開業により申告を行っていない場合は、開業届の写し等)

  法人の場合    直近の法人税の確定申告書の写し(新規開業により申告を行っていない場合は、法人設立届の写し等)

3 食品衛生法に基づく営業許可書の写し

4 時短営業を行ったことが確認できる書類(店舗等での告知、ポスター類の写真又はホームページの写し等)

5 新型コロナウイルス感染防止対策チェックシート 新型コロナウイルス感染防止対策チェックシート (PDFファイル/292.28キロバイト) 

6 令和2年又は元年8月の1日当たり飲食業売上高が確認できる書類

  個人事業主の場合 青色申告決算書等 ※1日当たり売上高が83,333円以下の場合は省略可。

  法人の場合    法人事業概況説明書等 ※1日当たり売上高が83,333円以下の場合は省略可。

7 交付請求書 交付請求書 (PDFファイル/40.93キロバイト) 交付請求書 (Word2007ファイル/12.92キロバイト)

  ※ 請求書の日付は、支給決定通知以降の日付となります。詳しくは、お問い合わせください。

8 交付額計算書 交付額計算書 (PDFファイル/121.97キロバイト)交付額計算書 (Excel2007ファイル/32.95キロバイト)

9 交付請求書記載の振込口座が確認できる書類の写し(通帳のコピー等)

10 店舗の外観及び内観の写真(飲食スペースが確認できるもの)

※2、3、5、9、10については、2回目以後の申請の場合は省略可。

この情報に関する問い合わせ:経済部 商工観光課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

電話番号:0984-23-1174 / ファックス番号:0984-23-1197 / k_syoukan@city.kobayashi.lg.jp