市政情報

市職員の新型コロナウイルス感染について(1月12日判明分)

小林市役所職員が、新型コロナウイルスに感染したことが判明しましたので、その経過等を公表します。

当該職員の概要

年 代:30歳代

性 別:女性

勤 務:本庁東館1階

居住地:小林市

判明日:1月12日(火曜)

症状・経過等
1月4日(月曜)~8日(金曜)

出勤

1月9日(土曜)~11日(月曜)

週休日および祝日(出勤していない)

1月12日(火曜)

朝頭痛のため保健所へ連絡(出勤していない)
PCR検査実施、陽性が判明
入院・療養調整中

※当該職員の行動履歴や接触者については、県が調査中
※職場内に濃厚接触者は確認されませんでした

 

勤務所属等における対応
当該職員においては、ほとんど窓口業務を行っておりませんが、職場内では常にマスク着用していたほか、市民との接客窓口には感染防止のため飛沫防止シールドを設置した上で対応していました。
当該職員の行動履歴や接触者については、現在調査中ですが、検査が必要と判断される接触者には、保健所から直接、連絡があります。
当該職員の所属フロア内及び共用部分等につきましては、毎日定期的な消毒作業を行っておりましたが、改めて1月12日の夜間に当該職員の所属フロア全区域について消毒作業を完了しております。
本庁東館1階について1月13日以降は通常どおり業務を行っております。
なお、当該職員の所属職員の一部について、1月13日以降、当分の間の自宅待機を指示しました。
 

 

感染拡大防止に向けた全庁的な対応

職員に対し、マスクの着用や手洗いの徹底、3密の回避、体調不良の際の慎重な行動、最大級の警戒を持ち「新しい生活様式」の実践に基づく感染防止対策と一人一人の自覚ある行動を促しております。
また、宮崎県の緊急事態宣言発令を受けて、県の示した「緊急事態宣言下で控えるべき10の行動」を守るよう通知を行うなど、今後も「うつらない」「うつさない」ための感染防止対策を改めて徹底してまいります。

 

市民の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症は、誰もがかかる可能性がある疾患です。ご自身やご家族がいつ感染しても不思議ではありません。感染された人やそのご家族は大変な不安の中で療養されており、差別や偏見でさらに苦しまれることがないように、市民の皆様には正しい人権意識をもって冷静な行動をお願いします。

また、これからもマスク着用、手洗いの徹底、3密の回避などを含めて「新しい生活様式の徹底」の実践を引き続きお願いします。

お願い

感染者およびご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総務部 総務課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-0220 / ファックス番号:0984-22-4177 / k_soumu@city.kobayashi.lg.jp