生活・環境・まちづくり

農業用ため池マップ

1 経緯

平成30年7月豪雨では西日本を中心に多くのため池が決壊し、防災重点ため池ではない小規模なため池で甚大な被害が生じたことから、平成30年11月に農林水産省から防災重点ため池の新たな基準が公表されました。
これを踏まえ、全国の都道府県において、令和元年度に防災重点ため池の再選定が行われ、宮崎県では420箇所のため池を防災重点ため池に選定しております。
今回、緊急時の迅速な避難行動につなげる対策のひとつとして、ため池の位置等の基礎的な情報を皆様に知っていただくため「農業用ため池マップ」を公表します。

※「防災重点ため池」は、決壊した場合の浸水区域に家屋や公共施設等が存在し、人的被害を与えるおそれのあるため池
 

2 農業用ため池マップの掲載内容

(1)防災重点ため池:ため池名、所在地、貯水量、緊急時の連絡先等

(2)上記(1)以外のため池:ため池名、所在地、貯水量等

3 農業用ため池マップの見方

(1)防災重点ため池:ため池名、所在地、貯水量、緊急時の連絡先等

(2)上記(1)以外のため池:ため池名、所在地、貯水量等

(QRコード)

ため池マップQRコード.jpg

(リンク)

農業用ため池マップの公表について(外部サイトへリンク)

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

この情報に関する問い合わせ:経済部 農業振興課

電話番号:0984-23-0333 / ファックス番号:0984-23-0334 / k_nourin@city.kobayashi.lg.jp