健康・子育て・福祉

「緊急事態宣言」の解除(全都道府県)を受けての市長メッセージ(令和2年6月1日)

市民の皆様の新型コロナウイルス感染症対策への全面的なご理解・ご協力に、心より深く感謝申し上げます。

5月25日、政府は、新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言について、東京・神奈川・千葉・埼玉・北海道の5都道県の宣言を解除することを決定し、これにより全都道府県において緊急事態宣言が解除されました。

宮崎県においては、5都道県や感染流行地域を除き、県外への往来を解除するなど、改めて基本的対応方針が定められたところです。

市としましても、今後とも感染リスクはゼロにならないことを前提(コロナとともに生きていく)に、「感染拡大の防止」と「社会経済活動の維持・再生」の両立を目指すことを基本的な考え方とし、持続的な警戒態勢のもと感染拡大防止に取り組んでまいります。

緊急事態宣言の解除後に東京都や福岡県においては感染者の集団(クラスター)が発生するなど、緊急事態宣言の解除は決して安全宣言ではないことを認識する必要があります。新型コロナウイルス感染症の収束のときまで、引き続き、気を緩めることなく、市民一丸となって頑張ってまいりましょう。


令和2年6月1日
小林市長 宮原 義久

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 企画政策課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-0456 / ファックス番号:0984-25-1037 / k_kikaku@city.kobayashi.lg.jp