健康・子育て・福祉

「緊急事態宣言」の対象拡大を受けての市長メッセージ(令和2年4月17日)

緊急事態宣言が宮崎県を含む全都道府県に対して発せられました。これは、東京都をはじめとする特定警戒都道府県(13都道府県)はもとより、それ以外の県においても都市部からの人の移動等により感染集団(クラスター)が発生し、感染拡大の傾向が見られることから、地域の流行を抑制し、特に大型連休期間における人の移動を最小化するために決定されたものです。

そこで、小林市におきましては、市内小中学校を4月21日(火曜日)より休業することといたしました。
緊急事態宣言の対象拡大を受けた宮崎県の対応に基づき、
市民の皆様におかれましては、
・不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで移動することは、まん延防止の観点からできる限り避ける(特に大型連休期間中は県外との往来自粛を徹底)
・人との接触を7~8割減を目指すべきものとされていることや、他県のクラスター事例に留意し、できる限り外出を自粛する
県外から訪問される方につきましては、
・帰省、出張や旅行(特に大型連休期間中)などの来県を自粛する
・やむを得ず来県された場合、感染拡大防止対策を徹底する
等の感染予防対策をこれまで以上に徹底していただくようお願いいたします。

県内にウイルスを持ち込まないよう、また感染の連鎖を生じさせないよう徹底を図り、今後とも医療提供体制を確保していくためには、今が極めて大切な時期です。感染拡大防止は、私たち一人ひとりの行動にかかっています。何とぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


令和2年4月17日
小林市長 宮原 義久

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 企画政策課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-0456 / ファックス番号:0984-25-1037 / k_kikaku@city.kobayashi.lg.jp