健康・子育て・福祉

国の緊急事態宣言に際しての市長メッセージ(令和2年4月8日)

昨日、国の緊急事態宣言が7都府県に発せられました。
宮崎県は含まれておりませんが、県内においては12人の感染者(4月8日現在)が確認されており、本市においても、感染者がいつ発生してもおかしくない状況にあると考えています。

宮崎県では、進学や就職、人事異動等により人の往来が多い4月を「感染拡大防止強化月間」と位置づけており、市民の皆様にはあらためて
・予防の基本である「手洗い」「咳エチケット」の励行
・集団発生防止のための3つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避ける対応
・体調がすぐれない方の会合等への参加自粛
等の感染予防対策を徹底していただくとともに、緊急事態宣言が発せられた7都府県を含む都市部への往来を可能な限り避けるなど、より慎重な判断をお願いいたします(本県からの訪問のみならず、帰省も含む)。


市民の皆様には、国・県・市等から出される正確な情報に基づき、冷静な行動をお願いいたします。感染拡大防止は、私たち一人ひとりの行動にかかっています。何とぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月8日
小林市長 宮原 義久

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 企画政策課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-0456 / ファックス番号:0984-25-1037 / k_kikaku@city.kobayashi.lg.jp