入札・ビジネス・産業

【新型コロナウイルス感染症対策】事業者支援策について

セーフティネット保証4号【債務100%保証の融資】

 新型コロナ感染症により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、都道府県からの要請を受けた国において、セーフティネット保証4号が発動されました。これにより、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた中小企業者について、通常の保証限度額とは別枠で借入債務の100%が保証されます。

 市にでは、4号該当であるかについて認定を行います。市から認定を受けたのち、金融機関または信用保証協会に認定書をご持参のうえ、保証付き融資を申し込むことができます。(ご利用に際しては、別途、取扱金融機関及び信用保証協会の審査があります。)
 なお、認定の有効期間は認定書の発行日から30日間です。

 

申請書式等は、セーフティネット保証4号のページをご覧ください。

 

 

「セーフティネット5号」などの保証付融資

 このほか業績の悪化している業種に限定した「セーフティネット5号」などの制度があります。

 詳細は、セーフティネット保証制度についてのページをご覧ください。

 国において、令和2年3月3日に、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上高が減少している中小企業者・小規模事業者の資金繰り支援措置として、セーフティネット保証5号の対象業種の追加指定がされました。

追加指定業種:40業種

旅館、ホテル、食堂、レストランフィットネスクラブなど40業種

 

 

小規模事業者持続化補助金(一般型、一次公募)における新型コロナウイルスの影響を受けた事業者の認定証の発行

 生産性革命推進事業(令和元年度補正予算)のうち小規模事業者持続化補助金においては、新型コロナウイルス感染症による影響を受けながらも生産性向上に取り組む事業者を対象に加点措置を講じることで、優先的に支援することが決まりました。加点対象事業者であることは、市長が認定することになります。

 

認定申請書 (Word2007ファイル/12.55キロバイト)

事業の詳細については、日本商工会議所のページをご覧ください。

 

 

宮崎県中小企業融資制度

 市長の認定を受けた中小企業者は、宮崎県中小企業融資制度が利用できます。

 

 

新型コロナウイルス感染症に関連した経済産業省の支援策

 新型コロナウイルス感染症による企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策が紹介されています。

経済産業省の支援策(経済産業省ホームページ外部リンク)

 

 

新型コロナウイルス感染症に関連した厚生労働省の支援策

 経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成します。

雇用調整助成金について(厚生労働省ホームページ外部リンク)

 臨時休業した小学校等に通う子の保護者の方々に対して有給(賃金全額支給)の休暇を取得させた企業を支援するための施策が紹介されています。

厚生労働省の支援策(厚生労働省ホームページ外部リンク)

 

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:経済部 商工観光課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

電話番号:0984-23-1174 / ファックス番号:0984-23-1197 / k_syoukan@city.kobayashi.lg.jp