健康・子育て・福祉

受動喫煙対策について

 

 受動喫煙を防止するための取り組みは、マナーからルールへ変わりました。

令和元年7月1日より第一種施設(学校、児童福祉施設、病院、診療所、行政機関の庁舎等)は、原則敷地内禁煙となりました。

また、令和2年4月1日より健康増進法の一部を改正する法律が全面施行され、第二種施設(上記施設以外の全事務所や工場、ホテル、旅館、飲食店等)は原則屋内禁煙となり、屋内で喫煙場所を設ける場合は喫煙専用室などの設置が必要となります。

 

詳しい内容は、厚生労働省ホームページをご覧ください。

厚生労働省URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000189195.html

 

※ 受動喫煙とは、「他人の喫煙によりたばこから発生した煙にさらされること」です。

この情報に関する問い合わせ:健康福祉部 健康推進課

〒886-0007 宮崎県小林市真方89番地1 小林市保健センター

電話番号:0984-23-0323 / ファックス番号:0984-23-0325 / k_yobou@city.kobayashi.lg.jp