健康・子育て・福祉

新型コロナウイルスに関連した肺炎について

中華人民共和国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が報告されています。日本国内でも新型コロナウイルスに起因した肺炎の感染が確認されています。

新型コロナウイルス感染症は、発熱やのどの痛み、咳が長引くことが多く、強いだるさを訴える人が多いことが特徴です。

 

市民の皆さまへ 

風邪やインフルエンザと同様の対策をお願いします。

高齢の方や基礎疾患をお持ちの方

高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、人混みの多いところはできれば避けていただくなど、感染予防にご注意をいただくようお願いします。

 

手洗いや咳エチケットが大切です

  • 外出先からの帰宅時や調理の前後や食事の前などに、石けんやアルコール消毒液で、きれいに手を洗いましょう。
  • 咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触った物にウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の人にうつす可能性があります。咳エチケットをこころがけましょう。

 

咳エチケットとは

・咳が出る人は、マスクをする。
・とっさのときは、手ではなく、腕の内側で押さえる。
・ティッシュなどで、鼻と口を押さえる。
・周りの人からできるだけ離れる。
 
 
 
 

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

 

2.次の症状がある人は、帰国者・接触者相談センターに相談ください。

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。
 
※解熱剤を飲み続けなければならない場合を含む。
・強いだるさや息苦しさがある。

 

次のような人は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合は、帰国者・接触者相談センターに相談ください。
  • 高齢者、妊婦
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患がある人や透析を受けている人
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている人

 

お子様をお持ちの方へ

小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。
なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

 

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い

  • 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 

帰国者・接触者相談センター(小林保健所)

帰国者接触者相談センター

電話:0984-23-3118

※受付時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで

※上述の時間以外は、次の電話番号で相談を受け付けています。

専用電話:0985-44-2603(土日・祝日を含む)

 

厚生労働省相談窓口

電話:0120-565-653(フリーダイヤル)

受付時間:午前9時~午後9時(土日・祝日も実施)

※聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方に向けて

FAX 03-3595-2756

県ちらし表県ちらし裏

新型コロナウイルス感染症リーフレット【宮崎県】

 

 

新型コロナウイルスに関するQ&A

新型コロナウイルス感染症についてのよくあるお問い合わせ 

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)

新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)

新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向けQ&A)

マスクや消毒液やトイレットペーパーの状況

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために

家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~

 

 

最新の情報及び詳細は厚生労働省ホームページ・宮崎県ホームページをご覧ください。

 

厚生労働省ホームページ

 

新型コロナウイルスお役立ち情報【首相官邸ホームページ】

 

新型コロナウイルス感染症関連情報(分野別一覧)【宮崎県ホームページ】

 

新型コロナウイルス感染症について【宮崎県ホームページ】

 

新型コロナウイルス感染症に関する清掃・消毒について【宮崎県ホームページ】

 

小林市の体制 

 

対策本部の設置

 

新型コロナウイルス感染症が九州で確認されたことから庁内関係機関が相互に連絡調整を図り、市として総合的な対策を推進するため、令和2年2月21日に「小林市新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長 宮原義久市長)」を設置しました。

 

 

これまでの経過

 令和2年 3月27日 小林市新型コロナウイルス感染症対策本部(第5回会議)

   小林市イベント等開催・公の施設運営基準 を決定(PDFファイル/66.1キロバイト)

 令和2年 3月  5日 小林市新型コロナウイルス感染症対策本部(第4回会議)
 令和2年 2月28日 小林市新型コロナウイルス感染症対策本部(第2回・第3回会議)

 

 令和2年 2月25日 小林市新型コロナウイルス感染症対策本部(第1回会議)
 令和2年 2月21日 小林市新型コロナウイルス感染症対策本部 設置
  • 本部長(市長)、副本部長(副市長、教育長)、本部員(部長級職員、西諸広域行政事務組合消防長)

この情報に関する問い合わせ:健康福祉部 健康推進課

〒886-0007 宮崎県小林市真方89番地1 小林市保健センター

電話番号:0984-23-0323 / ファックス番号:0984-23-0325 / k_yobou@city.kobayashi.lg.jp