届出・税

軽自動車税 税制改正のお知らせ

 税制改正について

  • 税制改正により、令和元年10月1日から、自動車取得税(県税)が廃止され、自動車税及び軽自動車税において、「環境性能割」が創設されます。環境負荷の小さい自動車の普及を促進することを目的としています。
  • 現行の軽自動車税は、「軽自動車税(種別割)」へと名称が変わります。
  • 税制改正により、軽自動車税は、「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されます。
  • 今後も国の消費増税等の動向により変更となる可能性があります。

 

自動車取得税の廃止と環境性能割の導入

  • 令和元年10月1日から、自動車取得税が廃止となり、自動車の燃費性能等に応じて、自動車の取得時に払う、「環境性能割」が導入されます。
  • 環境性能割の税率は、自動車の燃費性能等に応じて、自家用の登録車は、非課税、1%、2%、3%、営業用の登録車と軽自動車は非課税、0.5%、1%、2%になります。
  • 消費税率引き上げに伴う対応として、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を取得する場合、環境性能割の税率1%が臨時的に軽減されます。
  • 環境性能割については、新車・中古車を問わず対象です。

 軽自動車税(環境性能割)の税率

 軽自動車の取得価格に、下記の表に示す税率を乗じた額が課税されます。税率は、燃費性能等に応じて決定されます。
 

区分         税率
自家用(取得日)
令和元年10月1日~
令和2年9月30日  
令和2年10月1日~ 営業用
電気自動車
天然ガス軽自動車
(平成21年排出ガス規制適合かつNox10%低減達成又は平成30年排出ガス規制適合)
  
非課税 非課税 非課税
 ガソリン車(ハイブリット車を含む)    平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)又は
平成30年排出ガス基準50%低減達成車(★★★★) 
 令和2年度燃費基準+20%達成
 令和2年度燃費基準+10%達成
 令和2年度燃費基準達成  1% 0.5%
 平成27年度燃費基準+10%達成  1%  2% 1%
上記以外 2%

※「平成32年度燃費基準」は、「令和2年度燃費基準」と同様の扱いとします。
※現行の軽自動車税は、軽自動車税(種別割)に名称が変わりますが、手続きや税率(税額)は変更されません。

 

 その他

  • 自動車取得税のエコカー減税の見直し
    令和元年4月1日から9月30日までの間に購入する乗用車(登録車・軽自動車)及びトラック・バスについて、自動車の燃費性能等に応じて、購入時に課税される自動車取得税の税率を軽減するエコカー減税の軽減割合等が見直されました。
  • グリーン化特例(軽課)の見直し
    令和3年度及び令和4年度に購入する自家用の乗用車(登録車・軽自動車)について、自動車の燃費性能等に応じて、購入した翌年度に課税される自動車税種別割及び軽自動車税種別割の税率を軽減する特例の適用対象が、電気自動車等に限定されます。
  • 平成31年度自動車税制改正に関するリーフレット
    2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります(総務省・地方税共同機構)http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/131410.html

 

お問い合わせ

  • 小林市税務課  (0984)23-0115
  • 小林市須木庁舎 住民生活課  (0984)48-3132
  • 小林市野尻庁舎 住民生活課  (0984)44-1100

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 税務課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館1階

電話番号:0984-23-0115 / ファックス番号:0984-25-1051 / k_zeimu@city.kobayashi.lg.jp