入札・ビジネス・産業

農業用ハウス強靭化緊急対策事業の要望調査について

農業用ハウス強靭化緊急対策事業の要望調査について

 平成30年の豪雨、台風被害等の多発と被害拡大を踏まえ、老朽化等により十分な耐候性がなく、対策が必要な農業用ハウスについて、補強や防風ネットの設置等の取り組みに対する支援事業があります。
 つきましては、下記のとおり令和2年度の取り組みについての要望調査を実施します。

補助対象となるハウス補強等の例

 (1)筋交いや方丈による補強
 (2)タイバーやX型の斜材による補強
 (3)作物荷重の追加による補強
 (4)根がらみによる補強
 (5)中柱による補強
 (6)妻面等へのパイプの追加
 (7)引っ張り資材、支え棒の追加
 (8)防風のためのネット等の設置
 (9)換気扇の設置

補強資材等によるパイプハウスの構造強化対策 (PDFファイル/522.74キロバイト)

補助対象となる農業用ハウスの要件

 ・十分な耐候性がなく、今後10年は使用すると見込まれる農業用ハウス
 ・上記ハウスであって、園芸施設共済又は民間の建物共済、損害補償保険等加入すること

補助率

 補助対象経費の2分の1以内

受付期限

 令和元年9月30日(月曜)午後5時まで

要望提出先

 本庁舎農業振興課
 野尻庁舎地域整備課
 須木庁舎地域整備課

持参するもの

 ・農業用ハウスの補強等にかかる資材の見積書、パンフレット等
 ・園芸施設共済等に加入済みの人は加入が確認できるもの

その他

 要望の受付は事業の採択を保障するものではありませんので、ご理解をお願いします。

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:経済部 農業振興課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

電話番号:0984-23-0333 / ファックス番号:0984-23-0334 / k_nouson@city.kobayashi.lg.jp