市政情報

平成30年宮崎県知事選挙が行われます

平成30年12月23日(日曜)は宮崎県知事選挙の投開票日です。

一県民として、宮崎の未来を決める大切な一票。投票日にはぜひ投票所へ足を運び、貴重な一票を投じましょう。

 

チラシをご覧ください。

宮崎県知事選挙チラシ (PDFファイル/47.11キロバイト)

 

投票ができる方の条件

今回の宮崎県知事選挙で投票ができる方は下記1、2の全ての条件を満たす方です。

 

1.日本国民で年齢満18歳以上の方(誕生日が平成12年12月24日以前の方)であり、引き続き県内の市町村に3か月以上居住している方。

    なお、その後、県内の他の市町村に転出された方も対象になります。

    また、禁錮以上の刑に処せられ、その執行が終わっていない方は投票することができません。

 

2.県内いずれかの市町村の選挙人名簿に登録されている方。(注意事項1)

 (注意事項1)

平成30年9月6日以降に転入届を提出された方は、現在お住まいの市町村の選挙人名簿には登録されておりません。

しかし、以前お住まいだった県内市町村に選挙人名簿に登録されている場合にはその市町村での投票が可能です。

この場合、引き続き宮崎県内の区域内に居住していることを証明する市町村長の証明書(居住証明書)が必要です。

居住証明書は、最寄りの市役所又は町村役場の住民窓口係にあらかじめ請求し、交付を受けてください。

なお、証明書を持参せずに投票所へ行かれた場合には、事実確認のためにお時間をいただくことがありますのでご了承ください。

転出4か月後には、以前お住まいだった市町村の選挙人名簿から抹消されます。

 

投票所入場券について

12月上旬に本市の選挙人名簿に登録されている方へ入場券を郵送しております。

投票日当日、入場券を持参いただくとスムーズに受付することが可能です。

なお、入場券を持参されなくても選挙人名簿に登録されていれば投票することができます。その旨、受付にお申し出ください。

 

期日前投票・不在者投票について

投票日当日、仕事や旅行などで投票所に行けない方は期日前投票、また、選挙期間中、小林市以外の市町村に滞在している方は不在者投票ができます。期日前投票では、宣誓書に必要事項を記入いただく必要があります。不在者投票では事前に小林市選挙管理委員会に対し、投票用紙等の請求をしていただく必要があります。なお、不在者投票では、滞在地が他県の場合、開庁日・開庁時間にしか対応できないため、ご留意ください。

 

期日前投票・不在者投票期間及び場所

(期日前投票)

小林市役所多目的スペース・野尻庁舎

12月7日(金曜)から12月22日(土曜)まで  8時30分から20時まで実施

 

須木庁舎

12月7日(金曜)から12月22日(土曜)まで  8時30分から18時まで実施

 

西小林出張所

12月21日(金曜)から12月22日(土曜)まで 9時から17時まで実施

 

 (不在者投票)

小林市選挙管理委員会事務局

12月7日(金曜)から12月22日(土曜)まで 8時30分から20時まで実施

 

 

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:選挙管理委員会 事務局

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 東館1階

電話番号:0984-23-1143 / ファックス番号:0984-23-7510 / k_senkan@city.kobayashi.lg.jp