入札・ビジネス・産業

労働保険の成立手続きはお済ですか?

厚生労働省では、11月「労働保険適用促進強化期間」とし、適用促進の広報活動や加入手続指導に集中的に取組んでいます。

労働保険とは

労災保険(※1)と雇用保険(※2)を総称した言葉です。労働保険は政府が管理、運営している強制的な保険であり、労働者を1人でも雇っていれば、原則として適用事業となり、事業主は労働保険に加入しなければなりません。パートタイム労働者についても、 一定の要件を満たせば雇用保険の被保険者となります。

(※1) 労災保険とは

労働者が業務上または通勤途中で負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に、被災労働者や遺族を保護するため必要な保険給付等を行うものです。

(※2) 雇用保険とは

労働者が失業した場合、失業給付を支給して生活の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付等を行うものです。

加入手続きについて

最寄の労働基準監督署、またはハローワーク(公共職業安定所)へご相談ください。

加入手続きの事務処理が困難と思われる事業主の方は、厚生労働大臣の認可を受けた中小企業主等の団体である労働保険事務組合や社会保険労務士に事務処理を委託できる制度もありますので、ご利用ください。

 問合せ

・宮崎労働局 労働保健徴収室 電話 0985-38-8822

・ハローワーク小林 電話 0984-23-2171

関連情報

・厚生労働省ホームページ(外部リンク)

・労働保険リーフレット(外部リンク)

この情報に関する問い合わせ:経済部 商工観光課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

電話番号:0984-23-1174 / ファックス番号:0984-22-4177 / k_syoukan@city.kobayashi.lg.jp