健康・子育て・福祉

熱中症に気を付けましょう

 毎日暑い日が続いていますね。7月から8月は熱中症の発生が多くなります。

熱中症は室内で何もしていない時にも起こります。

 また、体力が落ちていると短時間で重症化しやすいと言われています。普段から、

食事を抜かないこと、十分な睡眠をとることも大切です。

 特に小児や高齢者は注意が必要です。ご自身や家族、周りの人が熱中症に

かからないように予防していきましょう。

 

1.熱中症の予防法

 ・こまめに水分・塩分を補給する。

 ・暑いときには無理をしない。

 ・日傘や帽子を活用する。

 ・涼しい服装をする。

 ・こまめに休憩する。

 ・日陰を利用する。

 ・室内でも温湿度を測る。

 ・体調の悪いときは特に注意する。

 

2.作業時の注意事項

 (1)体調が悪い日は作業を行わないようにする。

 (2)日陰を確保して一定時間ごとに必ず休憩を取る。

 (3)できるだけ2人以上でお互いの体調を確認しながら作業を行う。

 

3.熱中症の症状

 軽症:めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

 中等症:頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感

 重症:意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、

    まっすぐに歩けない、走れない

 

4.熱中症になった時の処置

 (1)意識がある、反応が正常な時

   涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす→水分・塩分を補給する

   ※水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請

 (2)意識がない、反応がおかしい時

   救急車を要請する→涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす→医療機関に搬送する

 

                                          出典:熱中症予防カード(環境省作成)

 

厚生労働省熱中症予防リーフレット

厚生労働省「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」

環境省熱中症予防情報サイト

日本スポーツ協会熱中症を防ごう

 

 

 

 

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:健康福祉部 健康推進課

〒886-0007 宮崎県小林市真方89番地1 小林市保健センター

電話番号:0984-23-0323 / ファックス番号:0984-23-0325 / k_yobou@city.kobayashi.lg.jp