教育・文化・スポーツ

毎月第3日曜日は、「家庭の日」

家庭の日とは?

宮崎県では青少年の健全な育成に関し家庭の役割についての理解を深めるため、小林市でも親子の絆を深める日、家庭のふれあいを大切にする日として、毎月第3日曜日を「家庭の日」として定めています。皆さんのアイディアで、「家庭の日」を家族が温かい心のふれあいを持ち、明るく楽しくすごす契機としてみませんか。21世紀を担う、たくましく、心豊かな青少年を育成するため、親と子の心ふれあう5つの共感活動を提唱しています。

 

5つの共感活動

1 共に遊ぶ「共遊」活動

2 一緒に食事をする「共食」活動

3 1日の出来事などを話し合う「共話」活動

4 心地よい汗を流す「共汗」活動

5 親子一緒に働く「共働」活動

 

「家庭の日」・「少年の日」ポスターコンクール

 

宮崎県・(公社)宮崎県青少年育成県民会議では、明るい家庭づくりを目指し、家族そろって温かい心のふれあいを図るため、毎月第3日曜日を「家庭の日」と位置づけ「共感活動」を提唱しています。また、第1土曜日を「少年の日」として位置づけ、青少年の育成と非行防止等の啓発活動を展開しています。そこで、これらの理解と意識付けを図るために、啓発作品を募集し優秀な作品を選考、表彰することにしています。

 

この情報に関する問い合わせ:教育部 社会教育課

〒886-0004 宮崎県小林市細野38番地1 小林中央公民館

電話番号:0984-22-7912 / ファックス番号:0984-23-9700 / k_shakai@city.kobayashi.lg.jp