入札・ビジネス・産業

新燃岳噴火の降灰に伴う農作物等の対策について

新燃岳噴火の降灰に伴う農作物等の対策について

露地作物の対策について
火山灰は酸性でEC(電気伝導度)が高いため、農作物が葉焼け等の障害を起こす可能性があります

 (1)ほ場にある農作物に付着した火山灰は、ブロワーで吹き落としたあと、動噴等で洗い流す

   1.降灰が続いている場合は、火山灰が固まる可能性があるので水洗いは行わない

   2.散水する場合は十分な水量で行い、凍結の可能性がある時間帯には行わない

 (2)収穫した作物の除灰は、ブロワーや動噴、野菜洗浄機等を使い、速やかに行う

 (3)降灰が多かったほ場では、次の作付の前に必ず土壌診断を行う

 (4)飼料作物に火山灰が大量に付着すると家畜の嗜好性が低下するので注意する

   1.火山灰が付着していない飼料と、徐灰した飼料を混合して給与する

 

施設園芸の対策について
ハウス内やトンネル施設内の光線透過量は、被覆資材面に100グラム/平方メートルの積灰があると約30%、200グラム/平方メートルの積灰があると約20%に減少します

 (1)ハウスやトンネル施設に付着した降灰は、ブロワーで火山灰を落とした後に、降灰終了後動噴等の高圧散水で除去する

 (2)ハウス谷部に多くの積灰がある場合は、ハウス内への火山灰の流入や、開閉に支障をきたす恐れがあるため、谷部の除去を優先する

 (3)粒子の細かい火山灰は洗浄しても落ちにくいため、スポンジや布等で拭き取る

   1.被覆資材面に傷がつかないよう注意して行う

 

農業機械の対策について
火山灰の粒子が細かいため、農業機械等の吸気システムが故障を起こす可能性があります

 (1)吸気部のフィルター等の掃除をこまめに行う

 (2)機械本体に付着した火山灰は早めに除去する

 

問合せ先

 (1)小林市役所 農業振興課

  電話番号:0984-23-0300    ファックス番号:0984-23-0334

 (2)JAこばやし 園芸課

  電話番号:0984-23-1318    ファックス番号:0984-23-5572

 (3)西諸県農業改良普及センター

  電話番号:0984-23-5105    ファックス番号:0984-22-7355

この情報に関する問い合わせ:経済土木部 農業振興課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

電話番号:0984-23-0333 / ファックス番号:0984-23-0334 / k_nouson@city.kobayashi.lg.jp