教育・文化・スポーツ

特別天然記念物のコウノトリが飛来しました

コウノトリ①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発見の経緯

平成29年9月5日の早朝、真方地区にて地元の方が見つけ、市役所に連絡がありました。
職員が現地に行き、2羽いるのを確認し、写真を撮り、専門家等にも確認を
とったところ、コウノトリであることが確認されました。

コウノトリについて

コウノトリは、文化財保護法(特別天然記念物)、環境省レッドリスト(絶滅危惧IA類)、
種の保存法(国内希少野生動植物種)など様々な法律等で守られている鳥です。
観察は自由ですが、コウノトリを驚かせないように優しく静かに見守ってください。
また、交通ルールを守って観察していただきますようにお願いします。

小林市飛来の2羽について

足に固体識別のカラータグが付いているため、兵庫県立コウノトリの郷公園にて
飼育され、放鳥されたものと思われます。
識別カラータグから2羽ともメスのようです。

コウノトリ②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウノトリ③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウノトリ④

 

 

 

 

 

 

 

 

この情報に関する問い合わせ:教育部 社会教育課

〒886-0004 宮崎県小林市細野38番地1 小林中央公民館

電話番号:0984-22-7912 / ファックス番号:0984-23-9700 / k_shakai@city.kobayashi.lg.jp