生活・環境・まちづくり

新燃岳の警戒範囲縮小について

平成29年10月31日(火曜)14時に、新燃岳の噴火警報(噴火警戒レベル3(入山規制)に伴う警戒が必要な範囲が、3キロメートルから2キロメートルに縮小されました。

なお、これに伴う小林市からの登山道(大幡山登山道、夷守岳登山道)の規制に変化はありません。

噴火警戒レベル3は継続ですので、引き続き火山情報に注意してください。

 

 噴火警報発表日時

  • 平成29年10月11日(水曜) 午前11時05分 火口周辺警報(噴火警戒レベル2、入山規制)に引き上げ
  • 平成29年10月15日(日曜) 午後7時00分 火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を切替
  • 平成29年10月31日(火曜) 午後2時00分 火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を切替

 

火山活動の状況

 新燃岳では、10月17日(火曜)午前0時30分頃を最後に噴火は発生していません。
 火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は10月15日(日曜)に1日あたり11,000トンと急増しましたが、23日(月曜)以降は200トン以下に減少しました。
 火山性微動は、10月21日(土曜)までは消長を繰り返しながら発生していましたが、その後は観測していません。
 傾斜変動にも、10月16日(月曜)以降特段の変化は認められません。
 
 一方、マグマなどの火山性流体の活動を示すと考えられる低周波地震は引き続き発生しており、今後も、弾道を描いて飛散する大きな噴石が新燃岳火口から概ね2キロメートルまで、火砕流が概ね1キロメートルまで達する噴火の可能性があります。
 また、GNSS連続観測では、7月頃から霧島山を挟む基線で伸びの傾向がみられており、霧島山の深い場所でマグマが蓄積されていると考えられることから、今後も火山活動の推移に注意が必要です。 

 

警戒事項等

  • 弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね2キロメートルまで、火砕流が概ね1キロメートルまで達する可能性があります。そのため、火口から概ね2キロメートルの範囲では警戒してください。
  • 風下側では火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
  • また、爆発的噴火に伴う大きな空振による窓ガラスの破損や降雨時の土石流にも注意してください。
  • 地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。

 

噴火警戒レベルの説明

【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、要配慮者の避難等が必要。      
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて要配慮者の避難準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(活火山であることに留意)】:状況に応じて火口内への立入規制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)

 

市民向けのチラシを作成しました

新燃岳噴火に関するお知らせ (PDFファイル/255.77キロバイト)

 

霧島火山防災マップは、こちらから閲覧できます

霧島火山防災マップ 表 (PDFファイル/1.62メガバイト)

霧島火山防災マップ 裏 (PDFファイル/4.26メガバイト)

 

気象庁ホームページ掲載リーフレット

「霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベル -火山災害から身を守るために- (PDFファイル/617.88キロバイト)

 

降灰予報を確認できます

 

火山の状況に関する解説情報について

 

関連情報

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 危機管理課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所本館3F

電話番号:0984-23-1175
/ ファックス番号:0984-23-6650 / k_kikikanri@city.kobayashi.lg.jp