健康・子育て・福祉

マイナンバー制度の導入について(後期高齢者医療制度)

【マイナンバー制度の導入について(後期高齢者医療制度)】

 平成28年1月以降、後期高齢者医療業務の一部においてマイナンバー制度が導入されており、後期高齢者医療への加入・脱退の手続きや保険給付申請等の手続きの際、申請書類等へ個人番号(マイナンバー)の記載が必要となります。
 なお、個人番号の提供を受ける際には、成りすましを防止するため、窓口における厳格な本人確認措置が義務付けられているため、本人確認書類(個人番号カードや運転免許証等)の提示をしていただく必要があります。

 後期高齢者医療業務に係る主なマイナンバー利用事務一覧及び本人確認措置の詳細については、以下のとおりです。 

後期高齢者医療に係る主なマイナンバー利用事務一覧 (PDFファイル/47.03キロバイト)

本人確認について(後期高齢者医療) (PDFファイル/76.03キロバイト)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 ほけん課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館1階

電話番号:0984-23-0116 / ファックス番号:0984-25-1051 / k_hoken@city.kobayashi.lg.jp