生活・環境・まちづくり

弾道ミサイル落下時の行動

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。(平成29年4月21日内閣官房)

 

メッセージが流れた際の行動
屋外にいる場合

 近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。

 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

 

屋内にいる場合

 できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

 

 詳細については、こちらをご覧ください

 内閣官房国民保護ポータルサイト

 

 

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 危機管理課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所2F

電話番号:0984-23-1175
/ ファックス番号:0984-25-1037 / k_kikikanri@city.kobayashi.lg.jp