市政情報

小林市PRムービー第6弾"ンダモシタン小林360VR"を公開しました

 市では、観光促進をテーマとしたシティプロモーションムービー第6弾として“ンダモシタン小林360VR"を、3月27日(月曜日)からYouTube(小林市公式チャンネル)で公開しました。
 今回のコンテンツは、YouTube再生回数が220万回を超え話題になった「ンダモシタン小林」の世界を、360度VR映像で再現しており、まるで小林市に観光に来たような体験ができるPRムービーになっています。あのフランス人男性も再登場します。雄大な自然や、茅葺きの宿、伝説の奇岩など、小林市の美しい景色の数々が収められています。PCやスマホなど、さまざまなデバイスで視聴できますが、スマホセット型のヘッドマウントディスプレイを使うと、より没入感のある視聴体験が可能となります。

 

動画はこちら

観光促進PRムービー 第6弾“ンダモシタン小林360VR"

 

  • スペシャルサイトURL

2016年 小林市PRムービー第2弾!ンダモシタン小林360VR
http://www.tenandoproject.com/movie6/

 

視聴の方法

パソコンで見る

Chrome、Firefoxをお使いください。YouTubeの画面の上のコントローラーで操作、またはW・A・S・Dキーを使って回転でき、画面のドラッグでも見渡すことができます。

スマホ・タブレットで見る

AndroidまたはiOS用YouTubeアプリの最新バージョンが必要です。画面をドラッグ、または端末をぐるりと動かすと視点を移動することができます。
※埋め込み動画内の「YouTube」ロゴをタップすると、アプリが立ち上がります。

ヘッドマウントディスプレイで見る

スマホでの視聴と同様YouTubeアプリを立ち上げ、セットしてください。VRモード対応の場合は、「メガネアイコン」をタップしてセットしてください。より没入感のある体験ができます。

 

ロケ地

 

てなんど小林プロジェクトとは?

「てなんど」とは、西諸弁(小林市を含む西諸地域の言葉)で「一緒に」を意味する「てなむ」と、「ブランド」をつなぎ合わせた造語です。
 急激な人口減少、超高齢化により、地方の文化や歴史が失われていくことが懸念される今、積極的な地域資源の保存と活用策の必要性に注目が集まっていま す。そんな中、このプロジェクトは、交流人口の拡大と定住人口の増加を目的として立ち上がりました。地域の魅力を発信することで、市民の郷土に対する誇り や愛着の醸成、都市住民との交流などの促進に貢献しています。
 小林市での方言である西諸弁(にしもろべん)をモチーフに「西諸弁標準語化計画」と題し、その日本語離れした言葉をユニークなポスターにしたシリーズはWEBメディアにも取り上げられ有名に。
 その他、市民が参加する写真・動画コンテスト、地元クリエイターがデザインする西諸弁Tシャツの販売、地元劇団の企画・制作によるWEBムービー配信など、活動の幅を広げています。 本PRムービーも、「てなんどプロジェクト」の取り組みの一環となります。2015年度に、テーマ別に4本、2016年度中に2本のムービーを製作しています。

関連サイト

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 地方創生課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所2F

電話番号:0984-23-1148 / ファックス番号:0984-23-6650 / k_sousei@city.kobayashi.lg.jp