健康・子育て・福祉

「人工鼻」「視覚障がい者用音声ICタグレコーダー」が日常生活用具の給付対象となりました

小林市障がい者(児)日常生活用具給付事業実施要綱の一部が改正(平成31年4月施行)され、以下のとおり追加・変更になりました。

 

新しく給付の対象となった用具

 人工鼻

     喉頭摘出等によりシャント発声のための埋込型の人工喉頭を常時使用している方が給付対象となります

視覚障がい者用音声ICタグレコーダー

     視覚障がい2級以上であって、必要と認められる方が給付対象となります

給付の要件等が変更された主な用具

 T字状・棒状のつえ、頭部保護帽、紙おむつ

     給付対象者が拡大されました

 視覚障がい者用ポータブルレコーダー

     再生専用機の基準額が変わりました

     その他、要件等が変更されているものがあります。

 ※日常生活給付事業の対象用具や要件、申請方法等についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

福祉課 電話23-0111

この情報に関する問い合わせ:健康福祉部 福祉課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 東館1階

電話番号:0984-23-0111 / ファックス番号:0984-23-4934 / k_fukushi@city.kobayashi.lg.jp