市政情報

ふるさと納税(寄附金)の活用事業

 小林市では、いただいたふるさと納税を基金として積み立て、以下のような事業に活用しています。

 特に、寄附の希望使途の約30%を占める「子育て環境の充実」について、各種事業を手厚く実施しています。

 沢山のご寄附をいただきまして誠にありがとうございました。

平成29年度 ※決算ベース

市内小中学校の給食費の半額補助
71,337,000円

 市内の全小・中学校の学校給食費を半額補助しています。

給食

 

小学生の医療費助成
83,430,000円

 子ども達の外来・入院に対する医療費の助成を実施しています。

 

子育て環境の構築・サポート
3,318,000円

 出産や子育てをサポートし、子育てしやすい環境を構築するため、妊婦健診や乳幼児健診などの自己負担額の軽減を図ります。

 

幼児・乳児の任意予防接種を実施
6,685,000円

 幼児・乳児へのロタウィルス、おたふくかぜやB型肝炎の任意予防接種への補助を行います。

 

人材育成のため大人の社会塾を開校
11,147,000円

 地方の課題解決を図る人材育成を図ることを目的とし、大学教授などを講師に迎え、大人向けの社会塾を開催しています。

 

中心市街地活性化事業
78,002,000円

 中心市街地の活性化を図るため、社会的、経済的、文化的活動の拠点となる機能形成に取り組みました。

TENAMUビル

 

小林の未来を担うキャリア教育を推進
2,596,000円

 地元に根付く人材や地元の産業を担う人材の育成に資するため、各関係機関などが連携して、小中学校における体系的なキャリア教育を行います。

教育

 

子育て支援について

 小林市の合計特殊出生率は1.84と全国平均を上回っていますが、高齢化による自然減や進学、就労のため、まちを離れる若者の増加による人口減少(社会減)が続いています。

 このようなことから子育て世代の負担が大きくなるのを軽減するため、小林市ではふるさと納税による寄付金を子育て支援に活用しています。子育て世帯が子育てしやすい状況、若い世代や子ども達が生き生きと暮らせる環境づくりを支援することで、未来を担う子ども達や若い世代を取り巻く環境が改善されています。取組みを継続し、将来的な人口増につながり大人になった時、ふるさとを想い、応援してくれる一つのきっかけになればとの思いを持って寄附を活用させていただいています。

 皆さまの支援がきっかけで色々なことを学び大人になった小林市出身の子ども達が、各分野で活躍し、何らかの形で全国の皆さまへ恩返しできる日がくることを期待して取り組んでいます。

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 地方創生課 ふるさと納税担当

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-1148 / ファックス番号:0984-23-6650 / k_furusato@city.kobayashi.lg.jp