届出・税

セルフメディケーション(自主服薬)推進のための医療費控除の特例について

 この特例は、平成29年度分確定申告(平成30年度住民税申告)からの適用になります。
 控除を受ける際に必要な領収書の収集・保管のため、あらかじめお知らせしているものです。

 

 適切な健康管理の下で、医療費用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進および疾病の予防への取り組みとして、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診などを行う個人が、個人または配偶者、その他親族等に係る一定のスイッチOTC医薬品を購入した場合、その年中の総所得金額から控除し税の計算を行います。
 控除できる金額は、その年中に支払った金額のうち、12,000円を超える金額を、上限88,000円まで控除できます。
 なお、この特例を適用する場合は従来の医療費控除の適用を受けることができませんのでご注意ください。

  • 特例が施行される期間
    平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間(平成29年中の確定申告から平成33年中の確定申告の間)
  • 控除できる金額
    その年中にスイッチOTC医薬品を購入した金額から12,000円を引いた金額(控除できる金額の上限は88,000円)
  • 控除の適用を受ける際の注意点
    従来の医療費控除の適用と、セルフメディケーション(自主服薬)推進のための医療費控除の特例の適用の、どちらかを選択して控除を受けることになります。

(参考)

 

スイッチOTC医薬品とは

 スイッチOTC医薬品とは、要指導医薬品および一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品です。ただし、類似の医療用医薬品が医療保険給付の対象外となっているものは除きます。
 平成27年12月1日時点でスイッチOTC医薬品の成分数は82あり、対象となる医薬品の薬効はカゼ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛などの貼付薬などがあります。

 ※上記薬効の医薬品の全てが医療費控除の特例の対象となるわけではありませんのでご注意ください。

(参考)

 

お問い合わせ

  • 小林市税務課 (0984)23-0115
  • 小林市須木庁舎 住民生活課 (0984)48-3132
  • 小林市野尻庁舎 住民生活課 (0984)44-1100

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 税務課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所1F

電話番号:0984-23-0115 / ファックス番号:0984-25-1051 / k_zeimu@city.kobayashi.lg.jp