届出・税

税務分野の提出等書類にかかるマイナンバーの記載について

 平成28年分確定申告書、平成29年度市県民税(国民健康保険税)申告書、特別徴収にかかる給与所得者異動届出書など、平成29年1月1日以降に申請・提出等が必要な書類にマイナンバー(個人番号・法人番号)の記載が必要となっています。
 マイナンバーを記載するにあたり、マイナンバーの確認、本人の身元確認およびマイナンバーの管理が必要となりますのでご留意ください。

(参考)

 

平成29年1月1日以降に行う確定申告・市県民税(国民健康保険税)申告について

 平成29年1月1日以降に行う確定申告・市県民税(国民健康保険税)申告について、マイナンバーの記載が必要となります。
 マイナンバーを記載した申告書を提出する場合、マイナンバーが確認できるもの(マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバーが記載された住民票など)が必要となります。確定申告書にはマイナンバーが確認できるものの写しを添付する必要がありますのでご持参ください。
 また、マイナンバーを確認できるものがマイナンバーカード以外のものであった場合、マイナンバーが確認できるもののほか、運転免許証・身体障がい者手帳・パスポートなどの身元確認ができるものが別途必要となります。マイナンバーカード以外で番号確認を行う場合、併せて身元確認ができるものの写しをご持参ください。

 また、申告者に代わり代理人が申告する場合、代理権の確認・代理人の身元確認が必要となります。併せて税務業務における主なマイナンバー利用事務市県民税(国民健康保険税)申告相談についても確認ください。

 

給与支払報告書のマイナンバー記入について

 給与支払報告書には、「支払いを受ける者」、「控除対象配偶者」、「控除対象扶養親族」及び「支払者」にマイナンバーの記入欄があります。

  • 「支払いを受ける者」は、事業主が従業員のマイナンバーの収集(番号確認・身元確認)・管理などを行い記入します。
  • 「控除対象配偶者」及び「控除対象扶養親族」は、事業主に提出する従業員が番号確認、本人確認を行います。
  • 「支払者」が法人の場合は、法人番号の記入を行います。
  • 「支払者」が個人(個人事業主)の場合は、個人(個人事業主)のマイナンバーを記入します。提出いただく際に個人番号の確認、身元確認を市が行います。

 

 マイナンバーについては、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)民間事業者の皆様もマイナンバーを取り扱います税務業務における主なマイナンバー利用事務も併せてご確認ください。(小林市ポータルサイト内の別ページ)

 

特別徴収にかかる給与所得者異動届出書のマイナンバー記入について

 特別徴収にかかる給与所得者異動届出書には、「給与所得者」と「給与支払者(特別徴収義務者)」にマイナンバーの記入欄があります。

  • 「給与所得者」は、事業主が従業員のマイナンバーの収集(番号確認・身元確認)・管理などを行い記入します。
  • 給与支払者(特別徴収義務者)が法人の場合は、法人番号の記入を行います。
  • 給与支払者(特別徴収義務者)が個人(個人事業主)の場合は、個人(個人事業主)のマイナンバーを記入します。提出いただく際に個人番号の確認、身元確認を市が行います。

 

 マイナンバーについては、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)民間事業者の皆様もマイナンバーを取り扱います税務業務における主なマイナンバー利用事務も併せてご確認ください。(小林市ポータルサイト内の別ページ)

お問い合わせ

  • 小林市税務課 (0984)23-0115
  • 小林市須木庁舎 住民生活課 (0984)48-3132
  • 小林市野尻庁舎 住民生活課 (0984)44-1100

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 税務課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所1F

電話番号:0984-23-0115 / ファックス番号:0984-25-1051 / k_zeimu@city.kobayashi.lg.jp