入札・ビジネス・産業

小林市SAP会議では会員を募集しています!

SAPって?

Study for Agricultural Prosperity(農業繁栄のための学修)の頭文字を取って、SAP(サップ)といいます。

全国では4Hクラブと呼ばれている組織で、担い手の養成と農業後継者の確保を目的としており、宮崎県では昭和37年に発足して、平成29年で55年目を迎えようとしています。

小林市SAP会議

小林市内の20代から30代の青年農業者で組織され、会員相互の親睦を深めながら情報交換を行い、会員自らの学修と実践の積み重ねによって、我が家の農業経営の向上のために活動しています。

さらに、地域内外の農業者、他産業者との交流を深め、地域農業を牽引する農業者を目指しています。

現在15名の会員で構成され、個々の基幹作物は露地野菜をはじめ、茶、果樹、ブロイラー等多彩な経営内容です。

プロジェクト活動のほか、食育活動や地域のイベント参加など様々な取組みを行っています。

どんな活動をしているの?

おもな活動

(1)毎月の定例会

(2)プロジェクト活動

(3)視察研修会

(4)イベント参加

(5)他産業者との交流など

保育園児の芋植え体験の様子視察研修会の様子

    【保育園児の芋植え体験の様子】            【視察研修会の様子】

こばやし名水夏まつり出店の様子プロジェクト発表の様子

   【こばやし名水夏まつり出店の様子】          【プロジェクト発表の様子】

会員募集

小林市SAP会議では、随時、会員を募集しています。

小林市内在住で、年齢は概ね35歳ぐらいまで。

就農している方就農を予定している方農業に興味がある方など。

加入をご検討されている方は、下記の農業振興課までご連絡ください。

お問い合わせ先

農業振興課    電話番号     0984-23-0300

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:経済部 農業振興課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

電話番号:0984-23-0333 / ファックス番号:0984-23-0334 / k_nouson@city.kobayashi.lg.jp