市政情報

小林市版総合戦略「てなんど小林総合戦略」を策定しました。

 本市では、まち・ひと・しごと創生法第10条に基づき、10月30日付けで小林市版「人口ビジョン」及び「総合戦略」=「てなんど小林総合戦略」を策定いたしました。

 本市の人口動態から、人口減少の課題を若年層の流出と戻りの弱さと分析し、戦略の方向性を「若い世代が希望する仕事を創る」とし、若い世代の雇用(「しごと」)の創出から「ひと」を呼び込み、「まち」の活性化を図り、まち・ひと・しごと創生の好循環をめざします。 

 「てなんど小林」という名称は、この戦略を市民や本市を応援いただく方々と一緒に(=てなむ)オール小林で推進していこうという思いによるものです。なお、戦略策定においても、策定に係る宮崎銀行との連携協定や、若者との意見交換会、市内の主な関係機関から意見募集を行うなどして、幅広く意見を聴取し策定に至っております。

 
「てなんど小林総合戦略」プレスリリース(H27.10.29) (PDFファイル/148.63キロバイト)
「てなんど小林総合戦略」(概要版) (PDFファイル/303.47キロバイト)
「てなんど小林総合戦略」(全体) (PDFファイル/2.88メガバイト)
「てなんど小林総合戦略」(表紙・目次) (PDFファイル/178.87キロバイト)
「てなんど小林総合戦略」(人口ビジョン編) (PDFファイル/2.4メガバイト)
「てなんど小林総合戦略」(総合戦略編) (PDFファイル/681.88キロバイト)

 
概要

総合戦略名称

 「てなんど小林総合戦略」~小林市まち・ひと・しごと創生総合戦略~

計画期間

 平成27年度~平成31年度 5ヵ年計画

【人口ビジョン】 

   (1)合計特殊出生率 1.84を維持(H22 1.84)
   (2)15歳から39歳の各年齢層における純移動率を10%改善
目標人口:2040年 40,000人 2060年 30,000人
 (※現状人口:2010年48,270人 2040年34,867人 2060年25,815人※国立社会保障・人口問題研究所推計)

【総合戦略】

戦略の方向性「若い世代が希望する仕事を創る」

   (1)施策目標:小林に安定した雇用を創る。
       数値目標:新規開業事業所数 240社(累計)

   (2)施策目標:小林に新しい人の流れを創る。
       数値目標:移住世帯数 460世帯(累計)

   (3)施策目標:小林に住む若い世代の希望をかなえる。
           数値目標:出生数 410人(暦年)

   (4)施策目標:時代に合ったまちをつくり、安心な暮らしを守るとともに地域と地域を連携する。 
           数値目標:きずな協働体の設置数 全域

先進的・重点的施策

   先進的・重点的施策については今年度中にアクションプランを作成し、戦略の着実な推進を行います。
  ○農林水産業の成長産業化…農業振興公社運営事業
  ○観光業の強化による雇用・産業力の向上…観光DMO形成事業
  ○新しい人の流れの創出…日本版CCRCの推進
    ○0歳から100歳までの小林教育の推進…キャリア教育推進事業・外国語教育推進事業
      ○地域基盤の強化…市内情報通信網整備事業    等

施策・事業の効果の検証(PDCAサイクルの実施)

 総合戦略に定める具体的施策の効果については、産学官金労言の各分野の代表者や市民団体、市民の代表者で構成する「小林市地方創生推進会議」において毎年度検証し、その評価を踏まえて「小林市地方創生本部」において総合戦略の見直しを行います。

 

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 地方創生課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-1148 / ファックス番号:0984-23-6650 / k_sousei@city.kobayashi.lg.jp