生活・環境・まちづくり

小林市「移住促進PRムービー“ンダモシタン小林"」公開

 小林市では、てなんど小林プロジェクトの一環で移住促進をテーマとしたシティプロモーションムービー「移住促進PRムービー“ンダモシタン小林"」を、 YouTube(小林市公式チャンネル)で公開いたします。
 動画では、長いこと小林市に住んでいるという設定のフランス人が、上質なシネマ風の映像美の中で、市内を巡りながら豊かな自然、水、星、食や人の温かさ などを紹介。外国人ならではの独自の切り口で、ちょっぴり不思議に見えてくる小林市の「あるある」をユニークに語っていきます。都会の移住を希望する方のみではなく小林市の方も楽しんでいただけることをテーマとして制作されております。企画は、株式会社電通。制作、は株式会社ROBOTの大手企業のご協力をいただいております。また、企画については、株式会社電通所属の本市出身クリエーティブディレクター/コミュニケーションプランナ ー 越智一仁(おち かずよし)氏にご協力いただきました。

宮崎県小林市「移住促進PRムービー“ンダモシタン小林"」(105秒)

移住ナビ

全国移住ナビはこちら

 

思わず膝を打つ!ラストの裏切り

 一般的に自治体のプロモーションムービーというと、美しい風景中心のカタいものが多い中、この動画にはちょっとした遊び心があります。小林市ならではの ギミックで、見ている人みんなが「そうきたか!」と膝を打つ、まさかのラスト。見終わった後に、もう一度見たくなる仕掛けが隠されています。

 

内容・ストーリー

ダイジェスト











 異国の地フランスから遠い遠い小林市に移住した或るフランス人男性の視点を通して、描きだされる、その素晴らしくもちょっぴり不思議な風景。全体のパー トを「森」「水」「星」「食」「人」と5つに分け、それぞれの魅力を紹介。小林市ならではの見ごたえある大自然の映像はもちろん、フランス人男性とどこか おっとりした小林市民とのやり取りや、クスッと笑えるお茶目な小ネタも楽しい、今までにないシティプロモーションムービーに仕上がっています。

 

シネライクな映像美と雄大な自然・まちの魅力

 まるで映画のような映像美で描き出される、小林市の美しい情景「森・水・星・食・人」。小林市は面積の約4分の3が森林。星空日本一に5回も輝いたことがあるほど空もきれいです。本ムービーでは決して都会では見ることのできない雄大な自然を楽しめます。

 

 森

森

 小林市の総面積は562.95平方キロメートル。そのうち森林は417.49平方キロメートル(森林率74.16%)を占めています。南西部には霧島連山、北部には九州山地の山岳が連なっています。その麓には緑豊かな森林と、高原や湖、渓流美を誇る河川、優良農地が広がっています。こんなにも自然や緑の豊かなまちですが、なぜか名前は、“小"林市なのです。




水

 小林市は、市内に75カ所の大小さまざまな湧水があります。小林市の天然水は、豊富にシリカ(=ケイ素)を含んでいて、その含有量は国内トップクラス。軟水の多い日本の中でも、珍しい中硬水。硬水より飲みやすくミネラルもバランスよく含んでいます。

 小林市の蛇口からは生のまま飲める湧水が出ます。豊富な湧水(水道に占める地下水の割合は約99パーセント)を使用しているので、水道料金は県内9市の中で最安です。


 

星

 小林市は、環境庁が行うスターウォッチングコンテストで、過去5回「星のふるさと日本一」に選ばれました。そのシンボルともいえる施設が「コスモドーム」。巨大な天体望遠鏡やプラネタリウムがある観測ドームです。宮崎県では、ここにしかいない「星のソムリエ」こと星空案内人の資格を持つ職員が楽しく、分かりやすく案内しています。星をそのまま見てもきれいですが、ここでは、プラネタリウムや天体望遠鏡をのぞいて、宇宙を感じ、星座や神話等の知識も深めることができるのです。


食

 小林市には日本唯一の公営チョウザメ養殖場があります。養殖をしている業者は市内に5つあり、市内で約1万匹のチョウザメが養殖されています。この数は日本一の飼育数です。

 チョウザメは、キャビア生産につながるメスの判別までに約3年間、卵がとれるまでに7~10年間かかります。市営の養殖場では稚魚から雌雄が判別できるようになるまでの約3年間育てて雌雄を判別し、養殖業者へ出荷します。メスは養殖業者によりキャビア用に飼育が続けられ、オスは食肉用として使用されます。チョウザメの肉はフグやヒラメに似ており、身はプリプリとした食感で、淡白ながら上品な味わいです。

 小林市では2種のチョウザメの肉を食べ比べができる弁当「小林チョウザメ 炙りちらし」とチョウザメ尽くしのご膳「小林チョウザメにぎり膳」の2つのグルメを食べることができます。 

人

 小林市は、おだやかな性格や優しい人が多いと言われます。道を歩くと子ども達、部活帰りの高校生や知らない人からあいさつを受けます。横断歩道でも待っている車に会釈をするし、渋滞していても、横からの車を列に入れるなどおおらかです。家で多く採れた野菜や食べ物などを人に配っている風景もよく見かけます。




撮影裏話

おばあちゃん

渋滞












  トラクターで渋滞!? 小林市では、時々ゆっくり動くトラクターで渋滞が起きます。それをムービー中で再現しています。そして、93歳のおばあちゃんも出演! 主人公のフランス人男性と会話をしているおばあちゃん。なんとその年齢は93歳!年を感じさせないハキハキした演技にスタッフは驚くばかり。その他、寿司屋の大将やプラネタリウムのお客さんなど、現地の方を中心に出演してもらいました。 

 

市出身者と市職員、地域住民(キャスト)が一緒になってPR

 企画・制作を手掛けたのは、株式会社電通(所在地:東京都港区)と株式会社ロボット(所在 地:東京都渋谷区)。電通CDCの越智 一仁氏と電通九州のCMプランナーの村田 俊平氏が企画を担当。特に越智氏は、小林市出身のクリエーティブディレクター/コミュニケーションプランナ ーです。 越智氏と小林市のつながりができたのは2014年の7月。越智氏が手掛けた王子ネピアのWEBムービー「Tissue Animals」が、「アヌシー国際アニメーション映画祭」のコミッションドフィルム(広告作品)部門で、日本初のクリスタル(グランプリ)を受賞し、市に報告をいただいたところから始まりました。 動画制作の計画がある旨を相談したところ、越智氏の「地元に恩返しをしたい」「地元では得 られない情報を若者に伝えたい」という気持ちが合致し、今回の強力な制作体制につながりました。

 

宮崎県小林市とは

 宮崎県小林市は、人口46,439人(平成27年8月1日調べ)、面積562.95平方キロメートルの小さな市です。四季折々の姿を見せる自然と人々の営みが共生する風光明媚なまちであり、観光地、歴史的な名所、文化や伝統行事など、多彩な魅力もたくさん有しています。
 地方創生の流れの中、「まちづくり」という言葉を耳にすることが多くなっています。今、都会にいながら退社後や休日に、地方のPRやプロジェクトに加わったりと、地方に移住しなくても地方と関わる働き方(パラレルキャリア)が浸透してきています。
 小林市は、定住人口を増やす移住・定住政策を進める一方、こういったパラレルキャリアを積極的に迎え入れる、もしくはそういった人たちの舞台として選ばれるまちづくりを進め、交流人口やまちづくりへの参画人口の増加を図っています。

 

「てなんど小林プロジェクト」とは

 「てなんど」とは、西諸(にしもろ)弁(小林市を含む西諸地域の言葉)で「一緒に」を意味する「てなむ」と、「ブランド」をつなぎ合わせた造語です。
 急激な人口減少、超高齢化により、地方の文化や歴史が失われていくことが懸念される今、積極的な地域資源の保存と活用策の必要性に注目が集まっていま す。そんな中、このプロジェクトは、交流人口の拡大と定住人口の増加を目的として立ち上がりました。地域の魅力を発信することで、市民の郷土に対する誇り や愛着の醸成、都市住民との交流などの促進に貢献しています。
 小林市の方言である西諸弁をモチーフに「西諸弁標準語化計画」と題し、その日本語離れした言葉をユニークなポスターにしたシリーズはWEBメディアに も取り上げられました。その他、市民が参加する写真・動画コンテスト、地元クリエイターがデザインする西諸弁Tシャツの販売、地元劇団の企画・制作による WEBムービー配信など、活動の幅を広げつつあります。
 本PR動画も、てなんどプロジェクトの取り組みの一環となります。平成27年度中に、テーマ別にあと3本の動画を制作予定です。

 

ネタバレシート

 ムービーの内容について、詳しく解説したものです。
小林市「移住促進PRムービー“ンダモシタン小林"」ネタバレシート (PDFファイル/600.1キロバイト)

 

制作チームにせまる(外部リンク)

 

関連リンク

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

宮崎県小林市細野300番地

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 地方創生課

電話番号:0984-23-0456 / ファックス番号:0984-25-1037 / k_kikaku@city.kobayashi.lg.jp