生活・環境・まちづくり

浄化槽設置費補助事業

 

 生活排水による河川の水質汚濁を防止し、水環境の保全を図るために浄化槽(5人槽、7人槽、10人槽に限る。)の設置に対して補助金を交付します。

 令和3年度の補助金の内容等についてご案内します。

補助対象区域

 公共下水道事業認可区域及び農業集落排水事業採択区域を除く全域

補助対象者

 補助対象区域において、単独処理浄化槽からの転換又は汲み取り槽からの転換を行う者
 ※令和2年度から新設設置への補助はなくなりました。


補助対象住宅

 専用住宅、共同住宅、併用住宅、下宿、民宿等

令和3年度補助金額 

◇設置費補助(本体及び本体設置費)

  • 5人槽 332,000円
  • 7人槽 414,000円
  • 10人槽 548,000円

 

◇単独処理浄化槽撤去費補助

 単独処理浄化槽から合併浄化槽へ転換し、単独処理浄化槽の撤去がある場合、設置費補助に加算します。

  • 単独処理浄化槽撤去費補助補助限度額 90,000円

 

◇宅内配管工事費補助

 既設の住宅に設置された単独処理浄化槽または汲み取り槽から合併処理浄化槽へ転換する場合、設置費補助に加算します。

  • 単独処理浄化槽からの転換に係る宅内配管工事費補助限度額 300,000円
  • 汲み取り槽からの転換に係る宅内配管工事費補助限度額   200,000円
     浄化槽への流入管、ます及び側溝までの放流管(水回りのリフォームと併せて実施する場合を含みます。)

   ※建替における単独処理浄化槽又は汲み取り槽からの転換は宅内配管工事費補助は対象外となります。

 

  

申請様式 

チェックリスト様式について変更しています。ご注意ください。
様式

交付申請書類

(工事着工前に提出)

交付申請書 (Wordファイル/14.5キロバイト)
事業計画書 (Wordファイル/13キロバイト)
収支予算書 (Wordファイル/15.5キロバイト)
誓約書 (Wordファイル/10.5キロバイト)

 実績報告書類

(工事後に提出)

実績報告書 (Wordファイル/13キロバイト)
事業実績書 (Wordファイル/12.5キロバイト)
収支清算書 (Wordファイル/15.5キロバイト)
チェックリスト (Excelファイル/19.5キロバイト)
請求書 (Wordファイル/10.5キロバイト)
振込口座指定用紙 (Wordファイル/19キロバイト)
 工事写真は施行工程のその都度写真をとり提出してください。

  工事写真について次表工事写真について (Excelファイル/15.5キロバイト)を基本とします。

 

補助対象チェック表補助対象チェック表 (Excelファイル/13キロバイト) 参考にしてください。

 

申請及び実績報告時チェックシート (Excelファイル/13.5キロバイト) ご活用ください。(注意事項記入あり)

 

 

申請は、工事着工前にお願いします。

 工事は交付決定後でなければ補助対象外になります。
 実績報告書、請求書に使う印鑑は申請時の印鑑と同じものを使用してください。

 

浄化槽・汲み取り槽を廃止する時は清掃・消毒が必要です。

浄化槽や汲み取り槽に残存している汚泥などは一般廃棄物となり最終清掃を行わず廃棄処分をする行為は廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条に規定する不法投棄となり、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又はこれを併科されます。

 チェックリスト (Excelファイル/19.5キロバイト)

浄化槽設置者講習会のお知らせです。 

 浄化槽設置者講習会は再開されています。なお、コロナウイルス感染拡大防止のための開催中止期間中の取り扱いは下記のとおりとなります。取扱にご注意くださいますようお願いします。

 また、今後の開催状況は変更が相次いでいますので詳しくは小林保健所:電話0984-23-3118へお問い合わせくださいますようお願いします。

令和3年1月7日~2月7日までの開催中止期間

 保健所で「誓約書」を記入申請してください。その写しを補助申請等にご使用ください。浄化槽設置者講習会受講済証の代わりになります。

8月1日~9月30日までの間に保健所で「誓約書」を記入申請されたかたへ

 保健所で「誓約書」を記入申請された方は、その写しを補助申請等にご使用ください。浄化槽設置者講習会受講済証の代わりになります。

7月31日までに猶予申請をされ、市から補助金を受けられた方、または補助申請中の方

 宮崎県から送られてきている書類の中に、「誓約書」(市町村への誓約書で市町村名を手書きしていただく分)が入っています。その「誓約書」に記入押印の上、生活環境課(23-8122)へご提出をお願いします。

7月31日までに猶予申請をされた方で、これから補助金の申請を予定されている方

 補助金の申請を行う時に「浄化槽設置者講習会受講猶予申請書」と一緒に「誓約書」(市町村への誓約書で市町村名を手書きしていただく分)のご提出をお願いします。 

 

※補助金の申請のない方は生活環境課への「誓約書」の提出は不要です。 

※上記いずれかの中止期間中に「誓約書」を記入申請された方は、講習会が再開されても受講は免除されていますので再受講の必要はありません。

 

  

 問い合わせ

生活環境課 環境保全グループ 電話番号 0984-23-8122

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 生活環境課

電話番号:0984-23-8122 / ファックス番号:0984-23-0223 / k_seikatsu@city.kobayashi.lg.jp