市政情報

チョウザメと小林市のゆかり チョウザメ飼育尾数日本一!(H25年度)

チョウザメと小林市のゆかり

 日本では旧ソ連と日ソ漁業科学技術協力の一環として昭和55年からチョウザメの本格的な導入が水産庁養殖研究所によって行われ、宮崎県を含む数か所で研究が行われました。
 内水面支場(当時の小林分場)では昭和58年12月に初めてチョウザメの研究に着手し、現在まで30年以上にわたり研究を続けています。その間、平成16年に日本で初めて「シロチョウザメ」の完全養殖に成功。平成23年には大量生産技術を確立し、安定的な稚魚の供給が可能となりました。

<主な研究経緯>

年月 内容
昭和58 年12 月 ベステル200尾が宮崎県水産試験場小林分場へ
平成3 年 ベステルの人工ふ化に成功 
平成5 年 シロチョウザメの研究に着手
平成13 年 県内で初めて民間業者による養殖開始「出の山いこいの家」
平成16 年 日本で初めてシロチョウザメの種苗生産技術確立
平成23 年 シロチョウザメの大量生産技術確立

宮崎県水産試験場ホームページ

 

チョウザメの飼育尾数日本一

 現在、市内のチョウザメ養殖業者は5業者で、25年度の稚魚供給数の半数以上が市内の養殖場に供給されており、国産チョウザメの飼育尾数は日本一です。(H25年度・稚魚供給ベース)。こうした経緯から、「小林市は国産チョウザメのふるさと」とも言えます。

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 地方創生課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-1148 / ファックス番号:0984-23-6650 / k_sousei@city.kobayashi.lg.jp