募集情報

あなたも認知症サポーターになりませんか

小林市では認知症サポーターを養成中です

認知症サポーターとは、何か特別なことをする人ではありません。

認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を見守る応援者です。自分のできる範囲で活動します。自分自身の問題と受け止め、友人や家族に学んだ知識を伝えること、認知症やその家族の気持ちを理解しようと努めることもサポーターの活動です。

 

 認知症サポーターになるには

認知症サポーターになるには、認知症サポーター養成講座を受けます。講座は、約1時間半程度で、小林市や地域包括支援センターなどが行っています。

 

 小林市では認知症サポーター15,000人をめざしています

平成30年3月31日現在 小林市の認知症サポーターの数は 10,524人です。

 

 受講方法などは

受けたい場所や時間は、受講者の希望に応じます。だれでも受けられますのでお気軽にお申し込みください。

 講座内容

  1. 認知症とは
  2. 症状と正しい対応
  3. 予防と症状の改善
  4. 認知症サポーターとして

時間

約1時間半

場所

希望に応じます

料金

無料

その他  

受講人数に制限はありません。職場や地域、学校の行事としても利用できます。

申込先

小林市役所長寿介護課 電話0984-23-1140

小林地域包括支援センター 電話0984-25-0707

のじり地域包括支援センター 電話0984-44-2271

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:健康福祉部 長寿介護課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 東館1階

電話番号:0984-23-1140 / ファックス番号:0984-23-4934 / k_kaigo@city.kobayashi.lg.jp