入札・ビジネス・産業

小林市新庁舎建設設計業務委託契約を締結しました

 小林市では、「小林市新庁舎建設設計業務委託に係る公募型プロポーザル選定委員会」で最優秀者に選定された「株式会社 梓設計 九州支社」と、新庁舎の設計業務委託契約を締結しました。

 新庁舎建設基本設計・実施設計の推進にあたっては、今後とも随時情報を提供させていただき、市民の皆さんのご意見、ご提言をお聴きしながら進めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

 

締結の内容 

契約締結日   平成26年4月14日
受注者   株式会社 梓設計 九州支社
  福岡市中央区渡辺通五丁目23番8号
委託業務   新庁舎建設の基本設計・実施設計
業務期間   平成26年4月14日 から 平成27年9月30日
委託額   91,400,000円 (消費税等除く)

 

 

公募型プロポーザル方式により新庁舎の設計者が選定されました

 新庁舎建設事業の推進にあたり、次の業務を発注する事業者を、「公募型プロポーザル方式」により特定しました。

 公募型プロポーザル方式」とは、事業者選定手法の一つで、発注者が事業者の参加を募り、提出された提案書について、実施要領等であらかじめ示された評価基準に基づき審査を行い、最も優れていると認められる提案者と契約を締結する方式です。

 

小林市新庁舎建設設計業務委託に係る公募型プロポーザル

 新庁舎建設工事及びこれに付帯する外構工事等(解体を含む)の基本計画の特定支援、基本設計及び実施設計を行う。

 

最優秀者が特定されました。

 平成26年3月27日に開催された「小林市新庁舎建設設計業務プロポーザル審査会」により、次の事業者が最優秀者に特定されました。

 

★ 最優秀者 株式会社 梓設計 九州支社

審査結果報告書 (審査講評) (PDFファイル/147.43キロバイト)

 

課題1 ~ 課題4に基づき技術提案をいただきました。
  • 課題1 : 市民に開かれ、市民サービスを向上させる庁舎
  • 課題2 : 市民を守る防災拠点施設となる安全・安心な庁舎
  • 課題3 : 産業活性化につながる庁舎
  • 課題4 : 人と地球環境に優しい庁舎

 

※ この技術提案は、設計者を選定するために、その取組方法等について提案を求めたものであり、設計業務の具体的な内容や成果品の一部を求めたものではありません。

 

小林市新庁舎建設設計業務委託に係る公募型プロポーザル選定委員会 
 
   氏名  役職
委員長 中村 孝至  都城工業高等専門学校建築学科准教授
副委員長 西川 和孝  小林市副市長
委員 荒武 志朗  宮崎県木材利用技術センター構法開発部長
委員 上谷 和徳  小林市総務部長
委員 栗原 一夫  小林市総合政策部長
委員 宇都 文昭  小林市経済土木部長
委員 倉園 凡生  小林市市民部長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:建設部 管財課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-0222
/ ファックス番号:0984-22-4177 / k_kanzai@city.kobayashi.lg.jp