生活・環境・まちづくり

ごみ分別が一部見直しされます。 (令和2年4月1日から)

 下記のとおり、ごみの分別が一部見直しとなりますので、ご協力をお願いします。

変更点

(1) 今まで、「紙類」として分別していた「牛乳や焼酎などの飲料用など」の紙パックは、燃やすごみとなります。

  • 例 焼酎パック、牛乳パック、ジュースや飲料用の紙パック、調味料の紙パックなど、今まで開封して洗浄の後に乾燥していたもの。

(開封しての洗浄は不要となり、燃やすごみとなります。)

(2) 今まで、「リサイクル品」で分別していたペットボトルは、ラベルをはがして出すこととなります。

(はがしたラベル・キャップは、プラスチック製容器包装となります。)

 

変更の理由

(1) 防水加工のある紙製容器は、リサイクル不適合物となることから、このうち飲料用など紙パックのみ『燃やすごみ』とします。

(2) ラベルをはがした『クリアボトル』での取引が、全国的にリサイクルの主流となり、出されるときのひと手間(ラベルはがし)で、リサイクル商品としての価値が上がります。

 

周知期間

 令和2年4月1日から令和3年3月31日まで周知期間として、1年間は


(1) 紙パック類は、『紙類』・『燃やすごみ』いずれでも収集します。

(2) ペットボトルは、リサイクル集積場・清掃工場に『ラベル有り』・『ラベル無し』2種類の網(ネット)を準備し収集します。

 

 回覧用チラシ

 

 分別見直し(チラシ版)   (92キロバイト)

 

 

 

お問い合わせ  生活環境課:23-8122   清掃工場:24-0959

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 生活環境課

電話番号:0984-23-8122 / ファックス番号:0984-23-0223 / k_seikatsu@city.kobayashi.lg.jp