健康・子育て・福祉

【幼児教育・保育】保育園・認定こども園・幼稚園支給認定基準、入園申込

幼稚園・認定こども園(教育)とは?

 保育を必要としない満3歳以上の幼児の教育を行う施設です。市から1号の支給認定を受けて入園します。

 

支給認定基準(1号認定基準)

 小林市に居住(住民登録)している満3歳以上の児童

 

保育園・認定こども園(保育)とは?

 保護者の仕事や病気などの理由で、児童を家庭で保育ができない場合に、保護者に代わって児童を保育する施設です。

 市から保育の必要性に応じて2号または3号の支給認定を受けて入園します。

 

支給認定基準(2号、3号認定基準)

 小林市に居住(住民登録)している児童で、保護者のほか同居をしている親族(祖父母など)が、次のような理由で児童の保育ができないと認められる場合に入園することができます。 

  1. 家庭外労働や自営業などの家庭内労働を昼間常態としている場合
  2. 妊娠・出産を理由に出産前2ヶ月、出産月、出産後6ヶ月の入園を希望する場合
  3. 起業準備を含んだ求職活動を理由に、3ヶ月の入園を希望する場合
  4. 保護者が病気または心身に障がいがある場合
  5. 病気または心身に障がいがある親族等を常時看護している場合
  6. 育児休暇や介護休暇等取得時に、既に保育を利用している子ども(原則年長児)がいて継続利用が必要である場合
  7. 火災や風水害、地震などの災害復旧にあたる場合
  8. 就学を理由とする場合
  9. 死亡、行方不明、拘禁などの理由により親がいない家庭の場合
  10. 虐待やDVのおそれがある場合
  11. その他市が認めた場合
保育時間

 父母の1ヶ月あたりの就労時間等により、利用時間が以下のとおり2種類に分かれます。

保育標準時間

(1日最大11時間)

父母ともに1ヶ月あたり120時間以上の就労をしている場合や、妊娠・出産などを理由にする場合

保育短時間

(1日最大8時間)

父母のいずれかが1ヶ月あたり60時間以上120時間未満の就労をしている場合や求職活動、育児休暇の取得などを理由にする場合

 

  • 父が保育標準時間の区分に該当しても、母が1ヶ月あたり60時間未満の就労の場合や、支給認定基準(2号、3号認定基準)に該当しない場合は、自宅保育や一時預かり保育を想定していますので入園できません。

 

受付期間、受付場所

 保育園・認定こども園・幼稚園への入園は毎月1日(初日)、退園は毎月31日(月末)の月単位です。

  • 年度当初(4月1日)の入園の場合
    集中受付期間 11月中旬から12月中旬(集中受付期間後も随時受付)

     受付場所 入園希望の保育園・認定こども園・幼稚園

  • 年度途中(5月1日から翌年3月1日)の入園の場合
    受付期間 入園希望の前月25日まで
    受付場所 入園希望の保育園・認定こども園・幼稚園または子育て支援課

 

提出書類

  • 支給認定申請書(現況届)兼保育所等入所申込書(児童台帳)

 

  • 添付書類(保育園・認定こども園(保育)のみ)
  1. 就労証明書または自営業(農業)就労証明書
  2. 母子健康手帳の写し
  3. 求職活動申立書及びハローワークカードの写し
  4. 医師の診断書
  5. 看護・介護を要する証明書
  6. り災証明書
  7. 就労証明書(産前・産後休業または育児休業を取得する方は当該期間を記入)
  8. 在学証明書
  9. その他

 

  • 身体障害者手帳・療育手帳・精神保健福祉手帳・特別児童扶養手当受給者証の写し

 世帯員に対象者がいる場合のみ提出してください。

 

  • 入所(入園)証明書

 他の就学前児童等が、新制度に移行していない幼稚園、特別支援学校幼稚部、知的障害児通園施設、難聴幼児通園施設、肢体不自由児施設通園部、児童心理治癒施設通所部などに入所している場合のみ提出してください。

 他の就学前児童が小林市内の幼稚園に入園している場合は不要です。

 

  • 平成30年度市町村民税所得課税証明書

 平成30年1月2日以降に小林市に転入し、初めて保育園・認定こども園・幼稚園に入園を希望する保護者の方の市町村民税所得課税情報については、申込書に記載いただくマイナンバーを利用して前住所地に照会しますので提出の必要はありません。

 平成30年1月1日時点で小林市に住所がある場合や、在園中または兄姉が在園中で既に提出したことがある場合は提出不要です。ただし、前住所地に照会した結果、市町村民税所得課税情報が確認できない場合は、提出をお願いする場合があります。

 

  • 申込書等を提出する保護者のマイナンバーカードまたは個人番号通知カードと身分証明書(運転免許証など)の提示

 番号法の施行に伴って、提出する保護者のマイナンバーと身元確認をさせていただきます。

 在園児は不要です。

 

  • 申込書などの関係書類は、各保育園・認定こども園・幼稚園または子育て支援課にありますので、事前にご相談ください。
入園決定
  1. 入園決定は、書類選考、面接などで決定します。
  2. 入園決定の通知は年度当初に入園する場合は3月下旬までに、年度途中に入園する場合は入園した月の中旬以降に発送します。
  • 定員や受け入れ体制の状況で、希望する保育園・認定こども園・幼稚園に入園できない場合があります。

 

退園、入園後の届出
  • 退園をするときは、事前に保育園・認定こども園・幼稚園に相談したのち、退園する月の25日までに「退所届」を保育園・認定こども園・幼稚園または子育て支援課に提出してください。なお、次のような場合は申請中または入園中を問わずに、保育園・認定こども園・幼稚園または子育て支援課に必ず届け出てください。

 

  1. 自宅保育、退職、病気治癒、育児休暇取得などを理由に退園する場合
  2. 転園する場合(保育園⇒保育園、保育園⇒幼稚園、保育園⇒認定こども園、幼稚園⇒保育園、幼稚園⇒認定こども園)
  3. 小林市外に転出する場合
  4. 世帯の状況がかわった場合(婚姻、離婚、住所または氏名の変更など)
  5. 税の申告、修正申告などにより、市町村民税額がかわった場合(修正申告書等の写しを提出。)
  6. 生活保護が開始、廃止された場合
  7. 勤務先を退職した場合(求職活動申立書、ハローワークカードの写しを提出。)
  8. 勤務先・勤務時間が変わった場合(就労証明書を提出。)
  9. 勤務先が決定した場合(就労証明書を提出。)

 上記7、8、9は保育園・認定こども園(保育)のみ届出が必要です。

保育料

 対象児童と同一の世帯に属して生計を一にしている父母および、それ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限る)の市町村民税課税額(4月~8月分保育料(前年度課税額)、9月~3月分保育料(当該年度課税額))から決定します。保育料は、月単位の計算で日割り計算はできません。なお、平成28年度から、所得制限がありますが、多子世帯、ひとり親世帯に係る保育料軽減が拡充されています。(詳細は小林市保育料一覧表を確認してください。)

平成30年度小林市保育料一覧表 (PDFファイル/75.36キロバイト)

 

 

小林市外の保育園・認定こども園・幼稚園への入園

 小林市に居住(住民登録)をしている児童で、父母の就労先が市外の場合や、里帰り出産をする場合などの理由で、市外の保育園・認定こども園・幼稚園に入園を希望される場合は、子育て支援課までお問い合わせください。

関連リンク

【幼児教育・保育】小林市内保育園、認定こども園、認可外保育施設一覧

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:健康福祉部 子育て支援課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館1階

電話番号:0984-23-1278 / ファックス番号:0984-24-5063 / k_kosodate@city.kobayashi.lg.jp