届出・税

住民票の不正取得に係る本人通知制度

住民票の写し等の不正取得に係る本人通知制度

 住民票の写しや戸籍謄本などが不正に取得されることを防止し、個人情報を保護するために、 小林市では要綱を定め本人への通知制度を開始します。
 この制度は、住民票の写しや戸籍謄(抄)本などを、本人(請求権のある家族を含む)以外の人から請求があったもののうち、取得した人が不正取得者であることが明らかになった場合に、市から本人に通知するものです。

実施日

平成25年10月1日から

通知対象となる証明書

 住民票の写し・戸籍謄(抄)本など

通知する場合

 住民票の写し等を取得した本人(請求権のある家族を含む)以外のものが不正取得者であることが明らかになった場合
 国又は県からの通知により、不正取得が行われたことが明らかになった場合
要綱 小林市住民票の写し等の不正取得に係る本人通知要綱 (PDFファイル/69.35キロバイト)

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 市民課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館1階

電話番号:0984-23-1112 / ファックス番号:0984-24-5063 / k_shimin@city.kobayashi.lg.jp