届出・税

後期高齢者医療保険料について

【保険料のしくみ】

保険料の決まりかた

 後期高齢者医療制度の保険料は、被保険者一人ひとりが納めます。また、保険料率は、宮崎県後期高齢者医療広域連合が、2年ごとに決定します。 保険料額は、被保険者全員が均等に負担する「均等割額」と所得に応じて負担する「所得割額」の合計額となります。

  • 平成28・29年度の一人あたり保険料額は、均等割額48,400円と所得割額(前年中の所得から33万円を引いたものに9.08%(所得割率)をかけたものの合計額となります。

 

【保険料の軽減】

 後期高齢者医療制度の保険料には、世帯の状況などに応じて軽減措置があります。

一定以下の所得の方に対する均等割額の軽減

 世帯主および同じ世帯に属する被保険者全員の総所得金額の合計額が、次のいずれかに該当する場合は、均等割額が軽減されます。

軽減基準額(表中の33万円は基礎控除額)
軽減割合
総所得金額の合計が(33万円 + 49万円 × 被保険者数)の算出額以下
2割
総所得金額の合計が(33万円 + 27万円 × 世帯の被保険者数)の算出額以下
5割
総所得金額の合計が33万円以下
8.5割
上記の8.5割軽減に該当する世帯のうち、世帯の被保険者全員が年金収入80万円以下かつ、その他の所得がない
9割

 

一定以下の所得の方に対する所得割額の軽減

 前年の所得から基礎控除33万円を差し引いた金額(賦課の元になる金額)が58万円以下の被保険者は、所得割額が2割軽減されます。

 

被用者保険の被扶養者であった方に対する軽減

 後期高齢者医療制度に加入される前日まで、社会保険や共済保険などに被扶養者として加入されていた被保険者は、所得割額がかかりません。 また、均等割額についても、7割軽減されます。

 

【保険料の納め方】

 保険料の納め方は年金額によって変わります。納め方には「年金からの差し引き」と「納付書、口座振替での納付」があります。

 「年金からの差し引き」の対象になる方は、原則として差し引きでのお支払いとなりますが、希望される方は申請により、「口座振替での納付」に変更することが出来ます。
納付方法 
対象となる方
納め方
年金からの差し引き (特別徴収)
  • 年金が年額18万円以上で介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超えない方
年6回の年金定期払いの際に、年金の受給額から保険料があらかじめ差し引かれます。
納付書、口座振替での納付
(普通徴収)
  • 年金が年額18万円未満の方
  • 介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超える方
  • 口座振替での支払いに変更する手続きをされた方

年額を8期に分けて納付。

1期(7月末)2期(8月末)3期(9月末)4期(10月末)5期(11月末)6期(12月25日)7期(1月末)8期(2月末)

※納期限日が土・日、祝日の場合は、金融機関が休みのため翌営業日となります。

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:市民生活部 ほけん課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所1F

電話番号:0984-23-0116 / ファックス番号:0984-25-1051 / k_hoken@city.kobayashi.lg.jp