健康・子育て・福祉

児童扶養手当

支給対象者

 ひとり親家庭またはそれに準ずる家庭で、下記の支給要件に該当する児童を養育、監護する母または父または養育者に支給される手当てです。

 (児童とは18歳に達する日、以降の最初の3月31日までの間にある人、又は特別児童扶養手当の対象となる20歳未満の人です。)

 

支給要件

 児童の状況が、次のいずれかに該当すること。

  1. 父又は母が婚姻を解消(事実婚、内縁関係の解消を含む)
  2. 父又は母が死亡、生死不明、一定の障がいの状態にある
  3. 父又は母が1年以上遺棄、拘禁されている
  4. 父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けている
  5. 婚姻によらないで生まれた児童
注意事項
  • これまで、公的年金を受給できる方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は

  その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。児童扶養手当を受給するためには、市役所への申請が必要です。

  受給している年金額が手当額よりも低いかどうかは、受給されている年金証書等をご持参ください。

  • 父または母以外の人が養育している場合は、児童と同居していることが条件となります。

 

手当額

 所得に応じて手当額が決定されます。

  • 児童が1人の場合 月額42,500円~10,030円
  • 児童が2人の場合 上記の手当額に10,040円から5,020円を加算
  • 児童が3人以上の場合 上記の手当・加算額に6,020円から3,010円を加算(平成30年4月~)
注意事項
  • 受給者本人、配偶者、同居する扶養義務者(注)の所得によっては手当が支給されない場合があります。
  • 父母、兄弟姉妹、祖父母、19歳以上の子

手続きに必要なもの

  1. 印鑑
  2. 同居している方、全員の住民票
  3. 戸籍謄本(申請者のもの1通、児童のもの1通)
  4. 申請者名義の金融機関の通帳
  5. その他に支給要件や監護状況に応じて必要な書類があります。

手当の支給日

 4月、8月、12月の11日が支給日となっています。
 11日が金融機関の休業日の場合はその前の銀行営業日が支給日となります。

現況届について

 受給資格の再認定と手当額の決定のために前年の所得の状況と、児童の養育状況を確認する届出です。届出をしない場合は8月以降の手当が差止めとなります。2年以上届出をしない場合は受給資格が喪失します。

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:健康福祉部 子育て支援課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館1階

電話番号:0984-23-1278 / ファックス番号:0984-24-5063 / k_kosodate@city.kobayashi.lg.jp