市政情報

公的資金補償金免除繰上償還

1.制度概要

 国は、地方公共団体の公債費負担の軽減対策として、平成19年度から平成21年度までの3年間、これまで公的資金(財務省旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金及び公営企業金融公庫資金)の繰上償還を行う際に必要であった補償金の支払いを免除する制度を創設しました。補償金とは、将来発生すると見込まれていた金利分を違約金のような意味合いで支払うものです。
 この制度は、徹底した総人件費の削減などを内容とする財政健全化計画を策定し、行財政改革・経営計画を行う地方公共団体が対象となります。
 本市でも、「小林市財政健全化計画(普通会計)」及び「公営企業経営健全化計画(農業集落排水事業特別会計)」が承認されましたので、平成20年度から繰上償還を実施しています。この繰上償還によって、公債費負担の軽減および市債残高の減少が可能となります。
 平成22年度には対象となる地方公共団体の要件が拡大され、実施時期は平成24年度まで延長されました。これを受けて、新たに「小林市財政健全化計画(普通会計・延長分)」及び「公営企業経営健全化計画(簡易水道事業特別会計、水道事業会計)」が承認されましたので、繰上償還を追加実施することとなりました。

2.繰上償還の内容

(1)対象となる市債
普通会計

年利6%以上で借り入れた市債
年利5%以上で借り入れた市債(延長分)

農業集落排水事業特別会計

年利5%以上で借り入れた市債

簡易水道事業特別会計

年利5%以上で借り入れた市債

水道事業会計

年利5%以上で借り入れた市債

(2)繰上償還実施年度

平成20年度から平成24年度

(3)繰上償還額及び公債費負担軽減見込額
普通会計
年度 繰上償還額 公債費負担
軽減見込額
平成20年度 96,681千円 13,375千円
平成21年度 18,945千円 2,637千円
平成24年度 17,049千円 1,458千円

  

農業集落排水事業特別会計
年度 繰上償還額 公債費負担
軽減見込額
平成20年度 102,542千円 42,900千円
平成21年度 66,710千円 25,300千円

 

簡易水道事業特別会計
年度 繰上償還額 公債費負担
軽減見込額
平成22年度 42,085千円 12,564千円
平成23年度 16,903千円 3,143千円
平成24年度 9,367千円 2,116千円

 

水道事業会計
年度 繰上償還額 公債費負担
軽減見込額
平成22年度 91,508千円 19,542千円
平成23年度 31,203千円 7,754千円
平成24年度 148,494千円 11,346千円

 

3.財政(経営)健全化計画

 この計画は、地方公共団体の概要、財政状況の分析、平成20年度から平成24年度(延長・追加分は平成22年度から平成26年度)にかけての5年間の今後の財政(経営)状況の見通し、行政(経営)改革に関する施策、繰上償還に伴う行政(経営)改革推進効果などを盛り込んでいます。詳細は、下記のデータをご覧ください。

 なお、この計画は平成20年5月又は平成22年8月に作成したものであり、数値などが変動する場合があります。

平成20年度から平成24年度分

小林市財政健全化計画(普通会計) (PDFファイル/1.01メガバイト)
小林市公営企業経営健全化計画(農業集落排水事業特別会計) (PDFファイル/857.88キロバイト)

平成22年度から平成26年度分

小林市財政健全化計画(普通会計・延長分) (PDFファイル/171.8キロバイト)
小林市公営企業経営健全化計画(簡易水道事業特別会計) (PDFファイル/250.58キロバイト)
小林市公営企業経営健全化計画(水道事業会計) (PDFファイル/262.81キロバイト)

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総務部 財政課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-1114 / ファックス番号:0984-22-4177 / k_zaisei@city.kobayashi.lg.jp