市政情報

市の憲章・宣言

小林市は、市民の皆さんにとって住みよい街にするために、以下の3つの宣言を行っています。

「核兵器廃絶・平和都市」

平和宣言 宣言世界の恒久平和は、人類共通の願望である。
 わが国は、世界唯一の核被爆国であり、核被爆国民として、広島・長崎のあの惨禍を地球上に再び繰りかえされることのないよう、核兵器の廃絶をその恐ろしさを全世界の人びとに訴え続けていかなければならない。
 小林市民は、日本国憲法の精神にのっとり、「非核三原則」を厳守し、あらゆる核兵器の廃絶を推進し、もって世界の恒久平和達成をめざすものである。
 ここに、小林市は「核兵器の廃絶と恒久平和を願う平和都市」とすることを宣言するものである。
平成18年12月22日

 

「人権擁護都市」宣言

 人権宣言すべての人間は、生まれながらにして尊ばれ、人間らしく生き、しあわせになる権利を有している。
 しかし、残念ながら今日の社会においても同和問題をはじめ、女性、子ども、高齢者、障がい者等に対するさまざまな人権侵害が後を絶たない。
 われわれは、常に市民一人ひとりの人権が守られ、差別のない明るく住みよい小林市が築かれることを願い、今後もあらゆる人権問題解決に関する教育・啓発活動をより積極的に取り組む必要があると認識し、すべての小林市民が、差別のない平和で明るい生活を保障されるように、「部落差別をはじめ一切の差別を許さない」ことを表明する。
 ここに、小林市は人権が守られ豊かで住みよい都市をめざし、歴史と自然に恵まれた「人権擁護都市」とすることを宣言するものである。
平成18年12月22日

 

地域医療・健康都市

 住み慣れた地域で安心して暮らし、健康で豊か な生活を送ることは、すべての市民の願いです。

 また、限りある医療を大切に想い、地域医療を 守り育てることは、地域にとって大変重要です。

 ここに、私たち小林市民は、地域一体となった 協働によって、地域医療を守り育て、健康長寿を めざす「地域医療 ・ 健康都市 小林市」を宣言します。

一 かかりつけ医を持ち、健 ( 検 ) 診を受け、疾病の予防に努めます。

一 時間内の受診を心がけるなど、限りある医療を大切にします。

一 健康意識を高め、運動を始めとする生活習慣の向上を図るなど、できることから健康づくりに努めます。

一 上手に休養をとり、人とのつながりを大切に、いきいきと生活します。

一 食に感謝し、バランスの良い食生活を心がけます。

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 地方創生課

宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-0456 / ファックス番号:0984-25-1037 / k_kikaku@city.kobayashi.lg.jp