遊ぶ・見る

牧場の桜(まきばのさくら)

牧場の桜(平成25年4月満開時撮影)

牧場の桜  牧場の桜

         入口付近         入口から200メートル先

牧場の桜  牧場の桜

       演芸場付近        家畜改良センター入口付近

牧場の桜  牧場の桜

       中腹付近         霧島サービスエリア側から

牧場の桜  牧場の桜

       夜桜               夜桜 

 

牧場(まきば)の桜まつりについて

 1908(明治41)年に小林市細野に開設された国立種馬所(しゅばしょ)の軍馬補充部小林分厩所(ぶんきゅうしょ)が桜を植えたのが始まり。昭和のはじめごろに約2キロメートルの桜並木が一般開放され、「軍馬の桜」として九州一円に知られるようになり、門司鉄道局(現在のJR西日本)が花見列車を仕立てるほどの期間中約40万人の賑わいとなりました。終戦後は「牧場の桜」と呼び名を変えましたが、桜が寿命を迎えており、1973(昭和48)年を最後に桜祭りは中止されました。その後、1988(昭和63)年から小林市が桜の再生を目指し、市民の協力もあって現在は1,000本を越える桜並木が出迎えてくれます。

その「牧場の桜」が、平成20年植栽100年を迎え、桜まつりが復活しました。100年の物語については広報こばやし3月号(通巻24号)をご覧ください。

まきばの桜まつり復活 (PDFファイル/1.02メガバイト)

 

 約1000本のソメイヨシノがつくる桜のトンネルが見事。桜まつり当日は、特産物販売や屋台村など「さくら市」、夜桜花火を開催。ステージでは地元園児による出し物、太鼓、吹奏楽演奏、踊りなどが行われます。

 

花火牧場の桜まつり  

2009年3月29日、100年ぶりに開催された牧場の桜まつり

 

牧場の桜(昭和30年~40年代の頃)

 

牧場の桜まつり  牧場の桜まつり

        入口付近                  会場

牧場の桜まつり  牧場の桜まつり

      ステージイベントの様子             会場

 

アクセス

小林市役所から県道104号線、ひなもりオートキャンプ場に向かって南下し、細野中学校手前信号を右折
小林インターから県道1号線経由、広域農道みやまきりしまロードを高原町方面へ

地図

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:経済部 商工観光課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

電話番号:0984-23-1174 / ファックス番号:0984-23-1197 / k_syoukan@city.kobayashi.lg.jp