生活・環境・まちづくり

水質基準

水道法第4条に基づく水質基準が10年ぶりに大幅に改正され、平成16年4月1日から施行されました。今回の改正では、旧水質基準46項目のうち、大腸菌群、有機物(過マンガン酸カリウム消費量)など9項目が除外され、大腸菌、全有機炭素、アルミニウムなど13項目が追加され、51項目となりました。
また、水質基準を補完する項目として設定されていた「快適水質項目」や「監視項目」を廃止し、「水質管理目標設定項目」(27項目)、「要検討項目」(40項目)が導入されました。

 

 

水質基準項目(原水・40項目)(浄水・51項目)

 

水質基準は、人の飲用、生活利用上のために水道水が満たしていかなければならないものです。大腸菌、シアン、水銀及びトリハロメタンなど人の健康に影響を与える項目(30項目)と、色、濁り、においなど生活利用上、あるいは腐食性など施設管理上必要となる項目(20項目)が定められております。

水質基準項目(51項目)

水質基準は、人の飲用、生活利用上のために水道水が満たしていかなければならないものです。大腸菌、シアン、水銀及びトリハロメタンなど人の健康に影響を与える項目と、色、濁り、においなど生活利用上、あるいは腐食性など施設管理上必要となる項目が定められております。

 

 

 

 

項目

目標値(mg/l)

備考

1

一般細菌

100個/ml以下

 

2

大腸菌

検出されないこと

 

3

カドミウム及びその化合物

0.003以下

 

4

水銀及びその化合物

0.0005以下

 

5

セレン及びその化合物

0.01以下

 

6

鉛及びその化合物

0.01以下

 

7

ヒ素及びその化合物

0.01以下

 

8

六価クロム化合物

0.05以下

 

9

亜硝酸態窒素

0.04以下

 

10

シアン化物イオン及び塩化シアン

0.01以下

 

11

硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素

10以下

 

12

フッ素及びその化合物

0.8以下

 

13

ホウ素及びその化合物

1.0以下

 

14

四塩化炭素

0.002以下

 

15

1,4-ジオキサン

0.05以下

 

16

シス-1,2-ジクロロエチレン及び               トランス-1,2-ジクロロエチレン

0.04以下

 

17

ジクロロメタン

0.02以下

 

18

テトラクロロエチレン

0.01以下

 

19

トリクロロエチレン

0.01以下

 

20

ベンゼン

0.01以下

 

21

塩素酸

0.6以下

 

22

クロロ酢酸

0.02以下

 

23

クロロホルム

0.06以下

 

24

ジクロロ酢酸

0.03以下

 

25

ジプロモクロロメタン

0.1以下

 

26

臭素酸

0.01以下

 

27

総トリハロメタン

0.1以下

 

28

トリクロロ酢酸

0.03以下

 

29

ブロモクロロメタン

0.03以下

 

30

ブロモホルム

0.09以下

 

31

ホルムアルデヒド

0.08以下

 

32

亜鉛及びその化合物

1.0以下

 

33

アルミニウム及びその化合物

0.2以下

 

34

鉄及びその化合物

0.3以下

 

35

銅及びその化合物

1.0以下

 

36

ナトリウム及びその化合物

200以下

 

37

マンガン及びその化合物

0.05以下

味覚

38

塩化物イオン

200以下

39

カルシウム,マグネシウム等(硬度)

300以下

味覚

40

蒸発残留物

500以下

41

陰イオン界面活性剤

0.2以下

 

42

ジェオスミン

0.00001以下

 

43

2-メチルイソボルネオール

0.00001以下

 

44

非イオン界面活性剤

0.02以下

発泡

45

フェノール類

0.005以下

におい

46

有機物(全有機炭素(TOC)の量)

3以下

味覚

47

ph値

5.8~8.6

基礎的性状

48

異常でない

49

臭気

異常でない

50

色度

5度以下

51

濁度

2度以下

 

 

 水質基準は、人の飲用、生活利用上のために水道水が満たしていかなければならないものです。大腸菌、シアン、水銀及びトリハロメタンなど人の健康に影響を与える項目(30項目)と、色、濁り、においなど生活利用上、あるいは腐食性など施設管理上必要となる項目(20項目)が定められております。

 

 

水質管理目標設定項目(農薬類含む)

   将来にわたり水道水の安全性の確保等に万全を期するため、水道水質管理上留意すべき項目として設定されています。農薬等、人の健康に影響を及ぼす恐れがある項目と、カルシウム、マグネシウム(硬度)等、より質の高い水道水を供給するための項目が定められています。

 

水質管理目標設定項目(26項目)

将来にわたり水道水の安全性の確保等に万全を期するため、水道水質管理上留意すべき項目として設定されています。農薬等、人の健康に影響を及ぼす恐れがある項目と、カルシウム、マグネシウム(硬度)等、より質の高い水道水を供給するための項目が定められています。

 

 

 

 

項目

目標値(mg/l)

備考

1

アンチモン及びその化合物

0.02以下

無機物質重金属

2

ウラン及びその化合物

0.002以下(暫定)

 

3

ニッケル及びその化合物

0.02以下(暫定)

 

4

1,2-ジクロロエタン

0.004以下

一般有機

5

トルエン

0.4以下

化学物質

6

フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)

0.1以下

 

7

亜塩素酸

0.6以下

消毒剤

8

二酸化塩素

0.6以下

消毒副生成物

9

ジクロロアセトニトリル

0.01以下(暫定)

 

10

抱水クロラール

0.02以下(暫定)

 

11

農薬類

1以下

農薬

12

残留塩素

1以下

消毒剤

13

カルシウム、マグネシウム等(硬度)

10~100

基礎的性状

14

マンガン及びその化合物

0.01以下

15

遊離炭酸

20以下

無機物

16

1,1,1-トリクロロエタン

0.3以下

一般有機

17

メチルーt-ブチルエーテル(MTBE)

0.02以下

化学物質

18

有機物等(過マンガン酸カリウム消費量)

3以下

基礎的性状

19

臭気強度(TON)

3以下

臭気

20

蒸発残留物

30~200

基礎的性状

21

濁度

1度以下

 

22

pH値

7.5程度

 

23

腐食性(ランゲリア指数)

-1程度以上とし極力0に近づける

 

24

従属栄養細菌

2,000以下

 

25

1,1-ジクロロエチレン

0.1以下

化学物質

26

アルミニウム及びその化合物

0.1以下

 

「農薬類」については、101項目の農薬を総農薬方式で評価することになっています。
(各項目の検出値と目標値の比を合計した値が1を超えないこと)

 

 

将来にわたり水道水の安全性の確保等に万全を期するため、水道水質管理上留意すべき項目として設定されています。農薬等、人の健康に影響を及ぼす恐れがある項目と、カルシウム、マグネシウム(硬度)等、より質の高い水道水を供給するための項目が定められています。

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所第2別館

この情報に関する問い合わせ:水道局 水道課

電話番号:0984-23-0321、0984-23-0312(下水道) / ファックス番号:0984-23-2191、0984-23-9841(下水道) / k_suidou@city.kobayashi.lg.jp