市政情報

基本計画策定業務公募型プロポーザルの審査結果

「公募型プロポーザル方式」とは、事業者選定手法の一つで、発注者が事業者の参加を募り、提出された業務実施体制、実績、提案書などを評価し、最も優れていると認められる提案者と契約を締結する方式です。

 

公募型プロポーザル方式により新庁舎建設基本計画策定業務を発注する事業者が特定されました。

  

小林市新庁舎建設基本計画策定業務委託プロポーザル審査結果

今回の公募型プロポーザルによる業者の特定にあたっては、専門知識を有する学識経験者2 名、行政職員5 名で構成される「小林市新庁舎建設基本計画策定委託に係る公募型プロポーザル選定委員会」で、厳正かつ公正に審査を行いました。テーマ別企画提案は、次のような課題を与え企画提案書の提出を求めるとともに、業者名を匿名にしてプレゼンテーション及びヒアリングを行いました。

テーマ別企画提案課題
(1)市民参画を踏まえた合意形成手法について
(2)地産材活用のリスクとその対応について
(3)産業活性に寄与する庁舎建設について
(4)庁舎の機能的な利用方法について

 最優秀提案者   株式会社 梓設計 九州支社

 

 基本計画公募型プロポーザル審査結果 (PDFファイル/98.92キロバイト) 

 

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:総合政策部 企画政策課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館3階

電話番号:0984-23-0456 / ファックス番号:0984-25-1037 / k_kikaku@city.kobayashi.lg.jp