健康・子育て・福祉

小林市が実施する障がい者サービス

訪問給食サービス事業

 障がいで買い物や食事の準備が困難な人に、昼・夕2食の給食を行い、安否確認・孤独感の解消など、日常生活を支援します。

対象者

 日常生活の支障から食事支援の必要がある障がい者

料金

 ごはん付き400円、おかずのみ350円

申込先
  • 第1在宅介護支援センター(ひなもり園内) 電話番号0984-22-8866
  • 第2在宅介護支援センター(望峰の里内) 電話番号0984-27-2552
  • 第3在宅介護支援センター(陽光の里内) 電話番号0984-23-5667
  • 須木地域型在宅介護支援センター(美穂の里内) 電話番号0984-48-3698
  • 小林市地域包括支援センター 電話番号0984-25-0707
  • のじり地域包括支援センター 電話番号0984-44-2271

お近くの施設へご連絡ください。

 

緊急通報システム事業

 外出困難な重度障がい者の日常生活や緊急時に、簡単な操作で通報できる連絡体制を確保し、月1回の安否確認により安心した生活を送れるよう緊急通報システム機器を貸し出します。

対象者

 小林市内にお住まいの18歳以上の外出困難な重度障がい者

料金

 対象者世帯の住民税所得割額などに応じて自己負担があります。

申込方法
  • 第1在宅介護支援センター(ひなもり園内) 電話番号0984-22-8866
  • 第2在宅介護支援センター(望峰の里内) 電話番号0984-27-2552
  • 第3在宅介護支援センター(陽光の里内) 電話番号0984-23-5667
  • 須木地域型在宅介護支援センター(美穂の里内) 電話番号0984-48-3698
  • 野尻在宅介護支援センター(野尻町保健福祉センター友愛会館内) 電話番号0984-44-1206
  • 小林市地域包括支援センター 電話番号0984-25-0707
  • のじり地域包括支援センター 電話番号0984-44-2271
  • 長寿介護課 電話番号0984-23-1140
  • 須木庁舎住民生活課 電話番号0984-48-3111
  • 野尻庁舎住民生活課 電話番号0984-44-1100

お近くの施設へご連絡ください。

その他

訪問調査などがあります。

 

福祉タクシー料金助成事業

 在宅の重度障がい者の、日常生活の利便と社会活動の範囲拡大をはかるため、タクシー利用料金(基本料金)を助成します。

対象者

 身体障害者手帳1・2級、療育手帳A、精神保健福祉手帳1級を持っている人

助成額

 タクシー1回の利用に対して基本料金を助成

利用回数

 年間24回まで

支給要件
  • 対象世帯に住民税所得割額が課税されていないこと。
  • 本人または同敷地内の親族が車両を所有していないこと。
申込先
  • 第1在宅介護支援センター(ひなもり園内) 電話番号0984-22-8866
  • 第2在宅介護支援センター(望峰の里内) 電話番号0984-27-2552
  • 第3在宅介護支援センター(陽光の里内) 電話番号0984-23-5667
  • 須木地域型在宅介護支援センター(美穂の里内) 電話番号0984-48-3698
  • 野尻在宅介護支援センター(野尻町保健福祉センター友愛会館内) 電話番号0984-44-1206
  • 小林市地域包括支援センター 電話番号0984-25-0707
  • のじり地域包括支援センター 電話番号0984-44-2271
  • 長寿介護課 電話番号0984-23-1140
  • 須木庁舎住民生活課 電話番号0984-48-3111
  • 野尻庁舎住民生活課 電話番号0984-44-1100

お近くの施設へご連絡ください。

その他

 訪問調査などがあります。

 タクシー券は次のタクシー会社のみ利用できます
  • 宮交タクシー株式会社
  • 三和交通株式会社
  • 有限会社こばやし交通
  • 福祉タクシーひまわり
  • 福祉タクシーきずな

 

障がい者住宅改造等助成事業(住宅改造)

 在宅の障がい者(児)のいる世帯に対して、その住宅を障がいのある人にとって住みやすいように改造するために必要とする費用を助成します。

対象世帯
  1. 身体障害者手帳の交付を受けている人のうち
    • 下肢、体幹、視覚障がい1~3級
    • 上肢障がい1~2級
    • 脳病変による運動機能障がい1~3級
    • 内部障がい1~3級
  2. 療育手帳Aの交付を受けている人

1または2を満たす人の属する世帯で家計の中心となる人の前年の所得税課税年額が7万円以下の世帯

対象経費

 既存の居室、浴室、洗面所、台所、トイレ、玄関、階段、廊下、その他特に必要と認める住宅の設備・構造

助成額

 20万円と対象経費のいずれか低い額に、所得税課税年額に応じた助成割合を乗じた額

申請に必要なもの
  • 障がい者住宅改造助成申請書
  • 改造前の写真
  • 見積書
  • 整備箇所の図面
  • 県税の納税証明書
  • 市税の完納証明書

 

障がい者住宅改造等助成事業(施術施設整備)

 小林市内に住んでいる視覚障がいのある人で、はり、きゅう、マッサージなどの施術業を新規開設する人に対して、必要な費用を助成します。

対象者
  1. 視覚障がい者の手帳の交付を受けている人で、あんま・マッサージ・はり・きゅうの免許を所持し、新たに施術業を開業するにあたって、施設整備の必要性が認められる人。
  2. 1の場合、生計の中心となる人の前年の所得税課税額が非課税であること
助成額

60万円と対象経費のいずれか低い額

申請に必要なもの
  • 障がい者住宅改造助成申請書
  • 改造前の写真
  • 見積書
  • 整備箇所の図面
  • 県税の納税証明書
  • 市税の完納証明書

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:健康福祉部 福祉課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 第1別館

電話番号:0984-23-0111 / ファックス番号:0984-23-4934 / k_fukushi@city.kobayashi.lg.jp