入札・ビジネス・産業

小林市の林業について

林業の概要

 小林市の総面積は、56,295ヘクタールのうち森林が41,749ヘクタール(森林率74.16%)を占めています。このうち国有林が30,048ヘクタール(72.0%)、民有林が11,701ヘクタール(28.0%)、民有林の人工林が7,428ヘクタール(人工林率63.4%)となっています。民有林の人工林のうち35年生以下の若い林部が21.3%、9から10齢級の森林が最も多く39.8%となっています。木材の成長に適した地質条件と高温多湿の気象条件を背景として成り立っています。

 

保有形態別森林面積
保有形態 総面積 立木地 人工林率 その他
面積 比率 人工林 天然林
総数 41,749ヘクタール 100パーセント 24,048ヘクタール  16,423ヘクタール  40,471ヘクタール  57.6 パーセント 1,277ヘクタール 
国有林 30,048ヘクタール 72パーセント 16,620ヘクタール 12,648ヘクタール 29,268ヘクタール 55.3パーセント 780ヘクタール
民有林 11,701ヘクタール 28パーセント  7,428ヘクタール  3,775ヘクタール 11,203ヘクタール 63.5パーセント 497ヘクタール

 

民有林の階級別面積
区  分 総  数 1・2齢級 3・4齢級 5・6齢級 7・8齢級 9・10齢級 11齢級以上
民有林 人工林 7,428ヘクタール 210ヘクタール 283ヘクタール 521ヘクタール 1,541ヘクタール 2,960ヘクタール 1,913ヘクタール
天然林 3,775ヘクタール 104ヘクタール 354ヘクタール 329ヘクタール 518ヘクタール 1,134ヘクタール 1,336ヘクタール
11,203ヘクタール 314ヘクタール 637ヘクタール 850ヘクタール 2,059ヘクタール 4,094ヘクタール 3,249ヘクタール

 

林道の状況
区分 路線数

延長

利用区域

林道密度

民有林林道 28 90,235メートル 4,966ヘクタール 18.2メートル/ヘクタール

 森林は木材の生産だけでなく、洪水や山崩れなどの災害をする国土保全や、水資源の涵養、大気や自然環境の保全など多様な役割を果たしています。

『小林市木材利用促進基本方針』

 今回、木材の利用の確保を通じた林業の持続的かつ健全な発展を図り、森林の適正な整備及び木材の自給率の向上に寄与するため、『小林市木材利用促進基本方針』を策定しました。

小林市木材利用基本方針 (PDFファイル/69.82キロバイト)

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:経済部 農業振興課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

電話番号:0984-23-0333 / ファックス番号:0984-23-0334 / k_nouson@city.kobayashi.lg.jp