入札・ビジネス・産業

畑地かんがい事業について

畑地かんがい事業の目的 (なぜ畑かんが必要か)

 西諸地区(小林市)の気候は、年平均気温15.6度、年間降水量2,670ミリメートルと温暖多雨であるものの、降雨が梅雨期と台風時に偏っています。また、地力に乏しい火山灰土壌であり、畑地かんがい施設が未整備のため農業用水のほとんどを天水に頼っています。
 このため、地域の農業振興を目的に畑・水田への天候に左右されない安定水源確保を図るため、大淀川水系岩瀬川に浜ノ瀬ダムを築造し計画的な水利用を図るとともに、末端かんがい排水施設、区画整理等の基盤整備を行い農業生産性の向上と農業経営の安定を図るものです。

 

西諸地区畑地かんがい排水事業の概要

受益面積
単位:ヘクタール 水田 普通畑 樹園地 関係農家数
小林市 290 1,340 120 1,750 2,815戸
小林市野尻町 200 610 30 840 1,203戸
えびの市 40 550 40 630 1,416戸
高原町 0 890 40 930 1,216戸
合計 530 3,390 230 4,150 6,650戸

 

受益地

  西諸地区畑地かんがい事業の受益地は、農業振興地域に指定された農地である必要があります。

 西諸畑地かんがい事業のしくみ

 西諸地区畑地かんがい事業は、農林水産省がダムからファームポンドまでの水路等を整備し、宮崎県がファームポンドから畑地等までの水路や散水施設を整備しています。国営事業で整備している水路には、幹線水路(太く幹にあたる水路)5路線と幹線水路から各地区のファームポンドへ送水するための支線水路(幹から伸びる枝状の水路)があります。

西諸地区畑地かんがい事業のしくみ

 

国営事業の実施状況

国営事業の内容
西諸 (一期) 重力式コンクリートダム  堤高62.5メートル
 堤長183.0メートル
 有効貯水量750万立方メートル
西諸 (二期) 水路  幹線62キロメートル
 支線55キロメートル
西諸 (二期) ファームポンド(貯水槽)  27ヶ所
西諸 (二期) 用水機場  9ヶ所

 

県営事業の実施状況

 県営事業は、県営畑地帯総合整備事業を主体に畑地かんがい3,620ヘクタール、水田用水改良530ヘクタール、区画整理2,600ヘクタールの整備を行う計画となっております。平成27年度までに26地区(1,689ヘクタール)に着手しており、そのうち、完了地区が9地区(576ヘクタール)、実施中の地区が17地区(1,113ヘクタール)となっております。

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。

このページは見やすかったですか (必須項目)

このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)

この情報に関する問い合わせ:経済部 農業振興課

〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館2階

電話番号:0984-23-0333 / ファックス番号:0984-23-0334 / k_nouson@city.kobayashi.lg.jp